So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

シマ子 床。 [猫。]

なかなか微妙な日々。

かと言って、全く動かないわけでもなく。
ドアを開けて、行く?と聞くと
ヨロヨロと歩いてくるので抱っこで
リビングに連れて行く。

そしたら、1Fのばーちゃんの部屋の
押し入れに行きたいと何度も要求して
ふぁんふぁん鳴いてくる。

元気な時でもそんなに行ってないはず
なのに、なんで…?

実際行って、押し入れに入ったら
それだけで満足らしく、
そのまま寝るだけ。

ばーちゃんが見てくれるわけでも
ないし、トイレもないしでしばらくして
連れて戻るけど…
また行きたがる。

今朝は調子が悪くなって初めて
朝にドアから出てきた。

元気なころは、トラたちが移動したら
シマ子がリビング行ってごはん。
ある程度満足したら部屋に戻って
また昼になったら、リビングでごはん。

そんな生活だったのだけど、
朝は元気そうではあるけど
動くほどではなかったから驚いた。

元気はないし、しんどそうではあるけど
そういった動きは見せてくる。

でも、一段と肉球が白くなったような…

動いてるからなのか体重も減った。

ステロイドはビックリするくらい効かず
気づけば口を引っかいてる。

それでも多少なり水も飲めてるので
少しは効いてる場所もあるのかな。

ごはんを食べていても痛い所に
当たるのか、今までとは違う動作が
増えてびっくりした。

舌なのか喉なのか…

でも、ごっくんはなんとかできてるしな。

朝方もステロイドの所為かで
おしっこ増えてるのでお水をいつもより
飲んでいたし。

痛みより渇きのが勝ってるだけかな。

造血にステロイドが微妙みたいなものを
目にしたから嫌だなぁと思いつつ。
先生は拮抗しないと言ってたけど。

実際、高用量で免疫抑制にしたらって
事だとも思うのだけど…
どう効くかなんてわからないし。

ただ、シマ子には抗炎症ですら
効いてないけどね…
これで免疫抑制されてたら腹立たしい。

この辺は私も専門家じゃないので
はっきりとはわからないけど。
ギッチリ調べもしてないし。

点滴を10ml増やして時間を空ける作戦も
なんだかイマイチ。
何故なら10mlくらいでは変わらない。

となると、慣れてる50のままにして
様子をしっかり確認する方がいいかもと
思い出した。

お水、飲んでくれてるならいいしね。

体重の減り方を思うと、やっぱり浮腫みが
あったと思ってしまうから怖い。

胸水とかまではいかなくても
なんかダルいなってレベルに浮腫んでても
シマ子には負担だったろうし、
わかりにくいとは言え申し訳ない。

今は結構脱水したな、というところで
入れてるけど、これもきっとシマ子には
負担になってる。

50を15時間で多かったから16か17時間で
50を入れていくようにしてみるか。

脱水してる体に針を刺すのも結構難しくて
出来ればもう少し潤っていて欲しい…
痛い思いもさせたくないし。

今日はお昼ごはんを食べて、点滴してから
あんまり眠れてないみたいで…
やっぱしんどいのだろうなぁ、と思う。

心拍数は一番多いと感じてた頃よりは
少しは落ち着いたように思う。

浮腫みが減ったからか、
セミントラの量を気持ち減らしたからか。

微妙に減る体重にみなさんはどう対応
してるんだろうか。
そこまで厳密でなくて大丈夫だろけど。

しばらく3.5kgくらいの量で様子見を
してみようかな。
よくわからんけど。

ステロイド打ったし、食欲は…?と
打った月曜日から一応何かしらは
口元に持っていくけど、匂ってはみても
口が痛い素振りで終わり。

今日は、さっき、少しだけ舌を出した。
やっぱりモンプチ。
前もモンプチだった。

これはモンプチシリーズで攻めてみる
価値はあるかもしれない。

まぁ舌出しただけで舐めたとすら
言えないレベルだけど。

それでもシマ子は他のものだと
それすらもしないから。
顔を背けるだけ。

今日はちょっとツバ飲んで、
それでも、ん?って感じで匂ってみて
気持ち舌を出してきたから。

やっぱり食べる事を忘れたわけでは
ないのだな。

そう思ってもやっぱり食べないから
やっぱり忘れたんだろうなとまた
私も思ってしまうのだけど。

体重が減ってるのも気になってて、
同じ量をほぼちゃんと食べてるのに
減るって事は、やはり腎臓の方が
どんどん進んでるって事なんだろうなと。

結局栄養素通りというやつか。

こんなに嫌々ながらも飲み込んで
くれてるというのに、身にならないなんて
本当に腹立たしい。

だけど、1ヶ月半以上も頑張ってきたと
言われたらもう返す言葉はない。

母親にも執念が見えると言われた。
ちーやちゃーの時には感じなかった
執念を感じると。

私は、ちーとちゃーもシマ子も同じように
やってるつもりだけど。

ただ、まだこんな病気になる歳じゃないと
思っていたのと、急激な進行で私も
普通ではいられなかったのは
認めるけど。

つい何日か前まで飛び跳ねてたのに?と
思うとどうしても受け入れられなかった。

今も不安とか、怖さとかは何も変わらない。
だけど、この1ヶ月半、2ヶ月近くを
なんとか過ごせてきた事が悲しくても
現実を受け入れるという事になった
気がする。

最初の方から、食べられない、
口が痛い、この2つがあっても
全く改善させられてない事が
とにかくシマ子に申し訳ないから
なんとかしたい。

今しかないのでは、という事ばかりが
思い浮かびつつも、もう遅いのかと
思ったりもするし、難しい。

だけど、やらないとずっとやらねばと
思ってしまうから。

父親も無事に帰ってきたし、
車で行く事も可能だ。
私が運転しても行けるけど。

なんとか、生命線である食べる事が
できるようにもう少し頑張りたい。

ステロイドは効かないという事が
全く意味わからないけど、
これも意味があるのかもしれないし。

あと、少しでも貧血が改善されますように。

日々日々ちゃんと血ができますように。

できた血液が長生きしてくれますように。

ちゃんと点滴が続けられますように。

なんとか。
どうか。
シマ子の快適な生活を少しでも実現
できますように。

いつも頑張ってくれてありがとう。

本当に頑張り屋でびっくりするよ。

ごはん美味しくなるように頑張るからね。
大変な思いさせてごめんね。

シマ子と一緒の生活を守るよ。
守らせてね。
シマ子、あいしてる。

nice!(1)  コメント(0) 

シマ子 貧血。 [猫。]

結局診察終了後に駆け込み。

息遣いが気にはなりつつ、
ハァハァなるわけでもなく、
速いわけでもない。

大きな息を何度もするし、
なんとなくお腹だけ膨らんでる
気がする…
だけど良く寝ていた。

さてごはん、と思ったら箱座りに
なっていて、なんとなく嫌な予感。

念の為電話で問い合わせてみたら
連れてきたらいいのでは?という
事になったので、急いで。

先生的には息苦しいという事を
思ってるみたいで、動かせなければ
動画だけ持ってきて貰ってもいいと
言って貰えたのだけど、
そこまででもない、と判断して行った。

とりあえず、エコー。
腹水が溜まってるとかはない。
でも、心臓が早すぎる。
これでは血圧が上がらないから
血液が送れていないかも知れない。

そんな事があるのか…

シマ子の最近の心拍は以前にも増して
速くなっていて、それでもそれも
仕方がない事なのだろうなと
思っていた。
そう言われてもいたし。

だけど、速すぎて血圧が上がらない
というのは初めて聞いたので
勉強になった。
ガンガン動いても収縮がちゃんと
できてないから血液が送れないと
いう事なんだろうと思う。

確かに。

だから、少ない血流で一生懸命
酸素を体中に届けていたのだな…
あんなに体いっぱいで息をして…

そして、レントゲン。

胸水が溜まってるって事も
なさそうだけど…

白い。

なんか白い。

2か月前のと比べても明らかに
肺全体が白かった…

先生もはっきりとはわからないって
感じで、私も水が溜まってるという
息苦しさというよりは、ダルさに
似たようなしんどさを思っていたので
なんだろう…という感じ。

でも、きっと、これもしんどさが
あるに違いない…

呼吸の事は、生命の要だから
気にしてきたつもりだったけど
やっぱり、こんなもんとか思っては
いけないなと改めて思った。

そして、明日にでも血液検査に
来ようと思っていたと伝えると
気になる事はやっておきましょう、と
遅い時間にもかかわらず検査も。

ヨロヨロする事や、疲れやすい事も
今後の点滴の内容に関わるなら
知りたかったので有難かった。

まずは一般検査の結果から来て
やはり貧血が進んでるという事
だった。

この1ヶ月で3回の検査結果は、
赤血球 710→636→488(今回)
ヘモグロビン 11.1→10.1→7.7
ヘマトクリット 32.6→28.7→22.6

大体2週間毎だったのに、
前回から今回の下がり幅がすごい。
まぁ、病状が進んでるとするなら
当たり前の事なのかもしれないけど…

こうなるともちろん造血ホルモンの話。

2日に1回打つ、エスポーか、
1週間に1回のネスプか。

点滴に入れて2日毎に自宅でやって
貰っていいと言われたけど、
本当はどっちがいいのか判断できず。

この日も点滴をするかしないかという
判断が難しかったので、
もしも打たなければならないのに
点滴できないとなると困るだろうから
ネスプにしてみましょうか、となった。

1週間に1回ならなんとか頑張って
貰おうと思って。

効果が出るのは1週間~10日。

鉄剤が必要です、という事で
一応サプリ飲ませてると言うと
それ以上はなかったので、
それでよかったのかな。

一応、ちーの時にエスポーを使って
うちで点滴してたけど、
少ない食事量でも確か増えた筈。
だから今回も期待したい…

そして、そのほか腎臓などの結果も。

BUN 122、CRE 6.7で、
前回よりもBUNは26上昇、
CREは0.9下がった事になった。

これだけ貧血が進むくらいなのに
こちらは下がり幅が全然ない。
やはりこの辺で下がり止まりか…

しかしBUNはなんで上がったのか…
むしろ、CREが下がったのは
最近始めた噂の美ちょうじゅのお陰か。
まだ1週間も飲んでないけど。

肝臓は相変わらず正常値、
電解質もバランスは崩れておらず
やはりこのところの変化は
貧血からという事になるっぽい。

治療を始めて2ヶ月足らず。
点滴をしっかり始めてからも
まだ1ヶ月程度しか経っていない。

しかも、15時間に50ml。
それなのにこんなに貧血が
進んでしまった事にショックを
隠せなかった。

食べて貰いたい以前に
呼吸が辛くなるのが先なんて…
正直そこまで思ってなかった。

むしろ、もしお別れがあるのなら
そんな事にもならずに見送る
のだろうと思ってた。

本当に、普通の子なら何か月も
かけて進んでいく病状を
シマ子はたった1ヶ月で全部
やってしまうのだろうな…

やるせなくてどうしようもなかった。

口の痛みがひどいから、
また抗生剤も考えていたと言うと
肺の白さも、炎症があるのなら
ステロイドが効くと思うので
一緒に打ってもいいと言われた。

だけど、ネスプもするし、一緒に
やって何かあっても嫌だったので
分けて貰う事にした。

肺の白さももちろん気になるけど
貧血も同じくらい大事だし。
色んなバランスが崩れたら
それこそ全部ダメになってしまう
気がして不安になった。

採血の時暴れない様にしても
他の事をしても、ハァハァなる事が
なかったので、一応安心しては
いたけど、見えない所だし
不安はずっとつきまとう。

帰ってから、少し休ませて、ごはん。

本当にこんなに酷くなってると
思っていなかったので
ごはんを食べさせながら
涙が後から後から溢れて
止まらなかった。

絶望感とかとも少し違って、
こんな事になっていたなんて…と
いう驚きの方が大きかったのかも
しれない。

相変わらずシマ子は
ごはん嫌々としていたけど
なんとか食べて貰って。

でも、よく考えたら点滴どうする?と
なって、結局また病院に確認。

先の電話では止めておきましょうと
言われていたけど、水も溜まってないし
やるべきか、否か、と。

すると、帰ってからどうですか?と
聞かれて、今のところは普通ですと
答えると、息が早くなければ
やって大丈夫だけど、
気になるようなら、やめるか
半量にするかしてくださいという事だった。

シマ子を眺めながら、
首の皮を引っ張ってみつつ、
なんとなく今回は見送ることにした。

ごはんも食べたし、お水も飲ませたし。
何より肺の白さが気になった。

シマ子の体が真っすぐになって
ないままのレントゲンだったみたいで
背中からはそう白くないけど
お腹からは白いという事で、
脂肪でもあるかも、とも言われたけど
最早脂肪などないだろう、と思う。

なんとなく、点滴の間隔がいつの間にか
シマ子には負担な時間になって
いたのかもしれないと思い出した。

15時間毎というのも、脱水しないように
一定間隔でやってみようと思い、
それまでの感じでその時間に決めた。
多少の前後あれど、ほぼ似たような
感覚でやっていた。

だけど、いつからか毛艶が良くなった?
と思う事があったり、水分が行渡ってる
気がする、と思った事がある。

それでも、別段変化がなかったので
続けていたけど、それは多いという
事だったのかもしれない。

正直判断が難しいけど、シマ子に
負担を強いていたと思うと
また謝る事が増えてしまった…

特にこの2~3日は点滴後に
わざわざ体を起こす事があったりして
しんどさが増していた気がするので
本当に申し訳なかった…

本当なら昨晩0時ごろに点滴の
予定だったけど、未だに点滴は
やっていない。

もう24時間経ってしまってる。
シマ子は30時間で100mlの
計算だから、今で大体30時間として
100ml入れてない事になる。

それでもおしっこはいつも通りに
出ていて、ごはんもなんとか
食べてくれているので、様子見。

本当は午前中病院で脱水の感じも
見て欲しかったけど、
混んでるのもあり、明日にした。

母親が父親の病院に行く段取りも
あるからあまり時間が選べない。
ごはん食べさせるには母親が
いないとダメだから。

昨晩はウロウロせず、隠れながら
夜を過ごしていたけれど、
おしっこもちゃんとして、
たまにお水も飲ませたら飲んでと
過ごしてくれた。

今朝になってもまだ大きな息は
変わりないけど、昨日程、
お腹が凹むことも減った気がする。

あと、ちゃんと胸の方も膨らんでる
と思う。

心拍は相変わらず速いけど、
若干マシになってるかなぁとも。

点滴を見送ってるのは心拍数も
結構関係ある。
また心臓に負担をかけてしまうと
考えるとやはり躊躇してしまう。

先生からは、数値が順調に
下がってきているという事は、
点滴は間違っていないという事
だから続けていた方がいいと
言われているのでやりたいけど

やはり今回はある程度まで待って
再開したいと思う。
とは言え、あと何時間かでは
やると思うけど。

とにかく、息が苦しいのだけは
避けたいので、なんとか様子を
見つつやっていきたい。

あと、どうか血液がちゃんと
出来てくれますように。

今はそれが最優先。

それからお口の痛みが引いて
少しでも食べるのが楽に
なりますように。

今食べているものが、ごはんだと
認識してくれますように…
(絶対薬と思われてる…)

今後も点滴を順調にやっていけ
ますように。

肺の白さも少しずつでも消えて行って
くれますように。

シマ子の日々の生活が少しずつ
楽になって上向きになりますように。

これ以上何も起こりません様に…

シマ子、もう少し頑張って楽になって
楽しく暮らそう。
あと少し。
あと少しだけ頑張らせてね。

またしんどい思いをさせて
ごめんね。
何回もこんなでごめんね。

それでも一緒に居てくれて
ありがとう。

一緒にいれるだけでも十分幸せ。

だけど、シマ子の幸せを守りたい。

守れますように。


nice!(1)  コメント(0) 

シマ子 優先順位。 [猫。]

あっという間に日がすぎていく。

入院中の父親の経過も順調らしく
ホッとするも、家の中は相変わらず。

シマ子も一進一退か。

一進なんてあるのだろうか。

体重はジワジワ減ってるものの
大幅な減少はない様に感じる。
見た目は何故かとても痩せた感じに
見えるのだけど…

あと、季節的に室温のコントロールが
とても難しく感じる。

なんとなくシマ子は暑いのが苦手で
エアコンの部屋も元々嫌いじゃない。
だから、ほぼエアコン入れてるのだけど
冷えないかな…とか考えてしまって
温度高めに設定してしまう。

すると、床に寝ている…

冷える…

ずっと隙間に避難していたけれど、
最近はそこに敷かれたタオルが
暑いのか、何もない机の下にいる。

まぁ机の下の方が広いからいいと
思うけど。

そして、徘徊的うろうろは続いてる。
もちろんない日もある。

妙に元気な時はなかなか寝ないし
悲しげな声で鳴いて要求してくる。

元気なわけではないから
ゆっくりしといてくれよ、と思いつつ
それでも行きたいところには
行きたかろう、と思って連れて行く。

そろそろ血液検査のタイミングなの
だけど、まだ行っていない。

色々迷う事があって延ばしてたけど
昨日あたりからか、なんだか息が大きい。

こんな息遣いじゃなかったなと思うと
心配が増大してきて気が気じゃない。

一番怖いのは胸水だけど、
15時間毎に50mlの点滴で
胸水なんて溜まってたら…と思うだけで
白目になる。

あと、電解質のバランスの事。
最初からかなりきにしていた事だけど
ずっとバランスは取れていたので
最近はそこまで気にしていなかったけど
日が経てば、進むと考えたら
やっぱり気になってしまう。

最近気になっていたサプリも始めて
みたのだけど、それがカリウムも
そこそこあるという事でドキドキ。

おしっこの量から考えると
低カリウムのが心配だと思うけど…

おしっこの量もいつもまちまち。

今日はあまり出てない。
とは言え、多い時より、という比較なので
それなりではある気もする。

検査で数値を知りたい気持ちも
ありつつ、順調に下がって来ていたのが
そろそろ下げ止まりになってるのでは
と思うとあまり知りたくないと思ってしまう。

電解質は絶対必要だけど。

あと、貧血もジワリとあったので
そっちが進んでても困るなぁという…

サプリも始めたけど、規定量は
飲ませてないからなぁ。
今のところ。

相変わらずごはんは嫌だし、
自分でも食べないし、
食べ終わった後のグッタリ感が
日に日に大きくなって心配。

かと言って食べさせないわけにも
いかないので困る。

今は昼ごはんの後なので
ゆっくり眠ってらっしゃる。

あと、歯科が得意な先生の所に
連れていくかどうかも迷ったまま
日が過ぎてる。

行っても意味ないのかなぁとか、
こんな状態の子を連れて行くのは
どうなのか、という気持ちとか、
色々考えてしまう。

だけど、行くなら今しかない気も
してる。

今の病院ではこれ以上の治療は
ちょっと難しいのかなぁと思ってて
レーザーも1週間以内で頻繁に
通えたらまた違うのかもだけど
体力的にもそれは難しいと考えてる。

最近、うろうろはするけどふらつきも
増えたし、一気に歩ける幅が減った。

少し歩いてはお休み、という感じ。

貧血…と思うけど、そこまで進んでる
感じもないのだけど…

一昨日の晩、夜中のうろうろが凄くて
元気な時によくやっていた
嫌がらせの行為を何度かやっていて
本当に驚いた。

どの意味?と思ったけど。

元気な時はお腹空くとそれをやって
少しごはんを食べると落ち着て寝る、と
いう感じだった。

まぁなにか要求があったのだろう。
部屋の外に出たかったとか
窓の外を眺めたかったとか。

そんな姿を見せつつも、
トイレの失敗は確実に増えていて、
トイレには入るけどお尻が入ってなくて
外に出ちゃう、という感じ。

これは調子の悪い時ちょこちょこ
あるからそんな日もある、とも思うけど
当然日が過ぎてきているわけだから
心配にもなる。

あと、ベッドから下りてから一息で
トイレにも行けなくなっている。
下りて、一旦休んでからしか
行けないから、余計間に合わないのかも。

何もかも仕方がないと言ってしまえば
そこまでなのだけど、
顔つきは一時期よりも良く見えて
このまま元気になったりしないのかな
なんて思う事もあるから。

そう思えば思うほど、検査して現実を
見るのが辛いなぁと思ってしまう。

それが現実なのだけど。

自力でごはんにしても、あと一息と
思ったりしてもそこからは
全く進まない。

2週間くらいはそんな感じかも。

もう厳しいと言われてから
1ヶ月半が経過したよね。

長かったような、
あっという間だったような…

だけど、もう見れないと思ってた
毛づくろいとか、顔を洗ったり
階段を下りてみたり、
窓に上がってみたり、

そんな事をたくさんやってくれた
シマ子にはホント感謝しかなくて
いつも泣いてばかりの
情けないおねぇに代わって
ホント頑張ってくれたんだなと
思う。

本当ならもうとっくに自力で
ごはんもできていたろうに
色んな事が後手になってしまって
未だに美味しくもないごはんを
無理矢理食べさせられてる。

どうしたらおいしくごはんを
食べて貰えるんだろう。

1ヶ月半も強制ののちに
ちゃんと食べれるように
なってくれるのだろうか…

結局食べない原因が、
口の痛み、口内炎なのか、
腎臓の方なのか、未だにわからず。

まぁ、ほぼ腎臓なんだろうけど。

BUN40台で不振気味だったし
シマ子はその気持ち悪さが
苦手なのかもしれない。

そのうえ、痛みもあって、
舌が思う様に動かせないとかも
あるように思う。

お水を飲める時もほとんど
口から舌が出てきてない。

ごっくんするのも一生懸命に
見える時もあるから
喉も痛いのか、舌が痛いから
なのか。

何を優先していけばいいのか
よくわからなくて迷う。

腎臓の方は、このまま点滴を
続けていくしかなさそうだし、
口内炎は、転院か口だけを
見てくれる所を探さなきゃだし…

シマ子みたいな数値から
劇的に回復しましたって子も
いるけど、回復までの期間が
どうしても短い子が多い。

シマ子は急性だったとしても
もう腎臓のダメージは免れない。

元気になってくれるかも知れない
そう思うと何かしないと、
ずっとしんどいままになってしまう。
それだけはなんとか避けたい。

…ずっとそう思ってきたけど。

頑張るにも、頑張って貰うにも
限界が近づいてきている気がする。
そんな事思いたくもないけど。
元気になる気もしてるけど。

それでもシマ子は今を生きて、
きっと明日も生きるのだと信じてる。

どうにか、どうにかこの状況を
打破したいと思うのに、
なかなかうまくいかない。

やはり、口の中が優先かな。

だけど、腎性なら難しいかな。

美味しいものをまた食べて貰うという
目標だけが、一番大事なものなのに
まだ達成されていない。

ごめんね、シマ子。

でも、きっと食べよう。
シマ子が食べたい!って思うもの
ちゃんと探すから。

ずっとしんどいままでごめんね。

しんどい呼吸が楽になりますように。

行きたい場所へ行きたい時に
行けますように。

吐き気もこのまま抑えられますように。

どうか、どうかごはんが食べられる様に
なりますように。

シマ子、いつもいつもありがとう。
ごはん食べてくれてありがとう。
お散歩すがた見せてくれてありがとう。

ちゃんとお返しするから
もう少しだけ待っててね。

お願いね。

シマ子、あいしてるよ。

nice!(1)  コメント(0) 

シマ子 頑固。 [猫。]

ここしばらくは友達が話を聞いてくれたり
相談にのってくれていたので
ここに書く事もなかったのかな。

その後、まぁ相変わらず、というところか。
いや、どうかな。

7日に病院に行ってレーザーをもう1度。
そして、インターベリーというサプリを
試してみたらどうかとすすめられた。
あと、胃薬がやっと貰えた。

胃薬でどれだけ効果があるかだけど
ひとまずは試してみたいという
気持ちがなんとか伝わったのか
制酸剤を出して貰えた。

張り切って帰ってすぐから飲ませたけど
夜中の嘔吐には一切効かず。

昼間はもともと吐きもしないから
比べもられないという…

あと、今までに類を見ないほどに
泡を吹く。
これ如何に。

1回目、あれ?と思ったけど
ずっと泡吹くのですごい苦いっぽい。
口に入れた時のシマ子の衝撃が
それを物語っていて、
あげくの果てに、ごはんを全部
吐いてしまった…

一生懸命お互い頑張って頑張って
食べたごはんを、こんな米粒よりも
小さい薬の粒に台無しにされるとは…

しかも効いてるかもわからんやつに。

もちろん欲したのは私だが。

効いてるならなんとかして飲ますけど。

夜中に胃酸を吐くので、
寝る前に飲むようにという事で
1回目は寝る前に。

それでも4時間後から吐き始め。
そこから1時間毎なのは毎度。
何ら変化なく。

翌日は晩ごはんを遅めに設定して
食後まとめて飲ませる。
昨日よりは早めの時間。

同時刻より嘔吐始まる。

昨日は朝全部吐いてしまったので
全部ズレズレでその前よりも
2時間遅く晩ごはん。
その時にごはんに混ぜる。

普通に同じ時間から嘔吐。

全部無理。
全然抑えられてない。

あまり腎臓に優しくないお薬っぽいし
効かないのに飲ませるのは微妙
だからあと2日ほど残ってるけど
ちょっとナシにしてみる。

まぁシマ子の場合は、
少々の事でも気持ち悪くなるか
実は胃に潰瘍があるとか、
なんかあるかもしれないしな。

いや、潰瘍とかあったら
もっと出血とか、日中の嘔吐とか
なんかあるだろうな。

やはり、単に胃酸が気持ち悪い
だけなのかも。

昼間は吐く素振りさえも今のところは
ないから。

まぁ、晩ごはんから朝ごはんまで
時間が空きすぎるのが
一番の問題なのだろうけど、
ここ2日ほど、時間をずらしても
同じような時間に吐き始めるから
もう決まってしまってるのかも。

シマ子自身も胃酸を吐いてしまえば
楽になるとわかっているから
なんとか吐こうとしてる節がある。

セレニアで止めるかどうかを
もう何日も悩んでいるけど
どうしたもんかなぁ。

吐いたことによって食べなくなるとか
やたら脱水が進むとか、見た目に
何かあればまた違う対処を
するのかもしれないけど、

何せそもそも食べないから
よくわからん。

しかし、飲ませてみて良さそうという
手ごたえもなかったわけでもなく。
ちょっとスッキリしてるのかなと
日中は思う事があった。

同じ吐くにしても少しは抑えられてて
吐いてるのかもしれない所もある。

たまたまかわからないけど、
胃薬始めた翌日の昼間に
なんとなくお腹空いてるか?という
時があって、モンプチパウチを
お皿に盛って、目の前に
置いてみたら、

なんと普通に食べようとした!

でもひと舐めして口が痛くて終了。
口惜しい気持ちにはなったけど
寝てたのを起き上がって座りなおして
お皿に顔を近づけたので
本当に普通に食べるのか!と
思ったほど。

もしかしたら胃薬全く効いてないと
思いきや、多少は効いてるのか。
シマ子の症状が勝ってるだけか。

まぁその後は1度もそんな事は
なかったのだけど、それでも
お皿から食べようとした事自体が
入院から帰って直後の時だけ。

時間にして1ヶ月以上は一度も
なかった事。

7月に入ってからそんな事が続いてて
本当に有難い。

それでも今がピークなのかなぁ
なんてくだらない事を
我が防御の為に考えてしまうけど
それでも嬉しいものは嬉しい。

母親に言ったら何の反応も
なかったけど。

母親も疲れがピークに達していて
イライラが凄い。
ごはんをあげてても無言だし
挙句の果てには怒り出すし
困っている。

かと言って、頼らないと難しいしなと。

6月は顔を見る度に声をかけて
マッサージもして、部屋まで来てたのに
最近はさほど来ないしマッサージなど
点滴の後のみ。

そうゆうのホントやめてくれよと
思うけど、本人にやる気ないのに
言っても仕方ないしね。

どんどん治ってるとかならそれで
いいけど、しんどいのはずっと同じで
病状はそれなりに進んでると
考えるのが普通だし。

それでも私がそれを言うのも
まためんどくさくて。

心からシマ子に話しかけて欲しいし
元気になれよ、食べてよ、って
言って欲しい。

自分と同じようにお世話して貰う事を
望んではいけないと言われるけど
それでもやっぱり思ってしまうよ。

この状況は永遠じゃないもの。
いつか終わるもの。

やってあげたくてもできなくなる日が
必ずやってくる。
ましてそれは何年後でもない。

だから猫可愛がりしてくれとかで
なく、変わらずお世話して欲しい。

声かけて撫でるだけで十分なのに。

シマ子にしたら今までやってくれてたのに
急にやられなくなるのも不思議に
思ったり寂しく思ったりすると
思うから。

しかし、明日から父親が入院するし
これから10日ほどはよりお世話が
大変になるかも知れない。

そう思ってシリンジで食べさせられる様に
a/d缶注文しておいた。

まき散らされながらになるのかなぁ…

それでも、少量ずつなんとかやるしかない。

食べさせないとほんとすぐヨロヨロに
拍車がかかってくるから。

食べるという事は本当に大事。

当たり前だけど。

病院の日からしばらく階段を下りたり
うろうろしたりもなかったけど
昨日は急に昼間から動き出して
夜も雨なのに外を眺めたいと
駄々をこねた。

とりあえず言うとおりにします。

ここ何年かは外を眺める事は
好きだけど、外に行こうとするのって
ほぼなかったのだけどなぁ。

玄関にも行きたいとせがむから
一瞬だけ連れて行ってすぐ戻る。

その時、普段出さない声で
ふぁん、ふぁん、と鳴きながら動く。

昨日は夜中もそれをやってたし、
ベッドも中間地点使わず
飛び乗ってきた。

ちょっと調子が良かったのかな。

何がキッカケで調子が良いのかも
悪いのかも、未だに全然わからない。

ごはんの後はお互いぐったりだし、
もう1か月以上こうしてるのに
そろそろ慣れろよ、と思う。

お互い、慣れない。

諦める事もしてくれない。

きっとシマ子も思ってる。

ホント、少しでも食べてくれたら
止めるのに!といつもシマ子に言う。

私も何回も指を噛まれて流血して
それでも食べさせるのは大変よ。

だけど、食べないというのなら
いつまでも食べさせてあげますから。

こちらも折れませんから。

口が痛くなければきっともうとっくに
食べ始めてたんだろうなぁと
このところ本当に思う。

でもこれももう胃酸と同じように
逃れる事はできない事なんだろうか。

1週間ぶりのレーザーの効き目は
衝撃的にゼロで、むしろ水も
飲まなくなってしまった。

それから今日で3日だけど、昨日の
朝くらいから少しずつ飲もうとは
し始めてはいる。

やっぱレーザーしてすぐは効き目も
ないのかも。
前も日にちが経ってからだった
気がしなくもない。

体が健康な子ならすぐなのかも
だけど、シマ子は全身状態が
良いわけじゃないからなぁ。
難しい。

インターベリーは、泡吹いたりだとか
違和感を感じてそうな感じは
一切ない。

だけど、効果もよくわからない。

サプリ扱いだし、すぐ効果があるのか
先生も初めてだからわからないと
言っていたし。

久しぶりの試験1号。

正規の使い方は歯肉に塗り込むみたい。
でも、うちは溶かしたものを垂らす。
口角から左右で1滴ずつやってるけど
なんか入ってきた!って動作はあっても
その後はなんもない。

ふと、垂らしてすぐは効いてるのかな?
と思う感じ。

とは言え、食前にしても食事中の感じは
変わりなかったので、食後に使ってる。

なんでもいいから効いてくれと
思わずにはいられない。

コンベニアの効力もそろそろ切れて
来る頃だろうし、それもあるのかな。
何回も打ちたくもないけど、
痛い事に比べたらそれは仕方がない。

また相談してみよう。
まずはそこから。

レーザー全く意味なしと思った時は
絶望的な気持ちになったけど
前回は、レーザー+ステロイド+
コンベニアをして、
4日ほどでまたレーザーしてるから
頻度とか内容的にも全然違う。

実際お薬てんこ盛りの1回目でも
そこまでの効力を感じてはない。
口臭はなくなったね!とは思ったけど。

それがずっと続くわけでもなく
まして、ステロイドの後は体調が微妙。

レーザーはそれで治すというより、
血行を促進したり、疼痛とかだし
基本は自分の力で治すのだろうな
という感じ。

ごはんは食べていても、自分で摂取
してるのとは少し違うから
免疫力も落ち気味だし、
そもそも痩せたし、

そこにおいて、ステロイドいくと
まぁしんどいのは当たり前ですわな。

少々の事では痛みが抑えられないの
だとすると何をしてあげればいいの
かなぁと頭を抱えてしまう。

まぁでも、昨日から少しはお水が
飲めている事、ヨダレが溜まった時に
染みてるのか、頭を振ったりするのが
少し減ってる事とか、
変化もあるし、総合的に考えて
今後もレーザー含め色々と合わせて
やっていきたいと思う。

セラプトは効いてないのだな…

ネバネバのヨダレは今出てないけど…

まずは3ヵ月お試しください、だからか。
長すぎだわ…

インターベリーも使い終わるころには
何かしらの効果が得られたらいいなぁ。

とは言え、ごはんに絡めても、
ごはん食べさせられる=痛い=気持ち悪い
の図式だから、ここから脱却できる日が
くるの…?だな。

前回の検査からそろそろ10日近い。
また2週間あたりで検査と思ってるけど
必要なのかなぁ。
どうなのか。
貧血も気になるけど…
あと1週間空けるか…

今は数値より、口内炎をどうにかする事
が優先順位高いからそちらにお金も
かけたいところ。

貧血も大幅に進んでもないだろうし
そちらもサプリと食べる事でなんとか
やっていきたいしな。

自力ごはんも難しいだろうけど
こないだ食べようとしてくれたし
何か良いキッカケさえ掴めれば
食べ始めてくれる気もする。

6月はとにかくお別れに怯えて終わった。

7月はシマ子が頑張ってくれてる事に
ちゃんと応えないと。

それでも、いつまでこうしてお世話を
させてくれるんだろうな、とか
やっぱり考えてしまうけどね。

そういいつつ、新しいサプリ買ったけどね。

それはトラにも飲ませてみたいから
ってのもあるけど。

最近、我が家は腸内環境改善にアツい。

口内炎も歯肉炎も、腎不全に至っても
腸内環境ってのが大体出てくるし。

実際歳を取ってくると便秘がちに
なったり、きばる力もすくなくなったりと
気になる事も多いから、
サプリで改善できるなら言う事なし。

病院に通う方が大変だしお金もかかる。

予防が大事。

改めて痛感です。

シマ子には謝っても謝り切れないけど
そこで得たものは、シマトラホシに
生かしたい。

記事書いてて、胃薬…と思ったので
お昼は飲ませてみる事にしよう。

シマ子、今日も一緒にいてくれて
ありがとう。

少しでもおいしいごはんが食べれますように。

ごはんを食べる気力がわきますように。

胃酸が少しでも少なくなりますように。

気持ち悪いのがなくなりますように。

毎日お散歩できる元気が出ますように。

一緒に仲良くごはんの時間を楽しもうね。
シマ子。

いつもありがとう。

いっぱい元気と勇気をありがとう。

あいしてるよ、シマ子。

nice!(1)  コメント(0) 

わかっていたこと。 [日々。]

わかっていたよ。

そんな簡単にはいかないことくらい。

今までずっとしんどかったし、
何か治療をしてるわけでもないし。

だけど、リビングに来てくれたことが
本当に嬉しかったから、
ごはんの拒否の強さはいつも以上に
突き刺さった。

大好きだったおかか入りの缶詰を
最初に口に入れても嫌がるだけ
もしかしたら口が痛いからかも
しれない。

夕方レーザーに連れていこうかと
混雑状態を見たら連れていけるような
状況じゃなかった。
それにまた空しくなるのもいやだなと
思ってしまった。

昨日も一昨日も自分で結構飲んで
くれたお水も今日は逆戻り。

一口飲んでは頭を振っている。
舌が痛いのかな…

こうなることはわかっていた。

だけど、やっぱりツラい。

私がツラいなんて言っちゃいけないと
思うけど、やっぱりツラい。

シマ子と一緒にいたい。
シマ子も自分が旅立つなんて思っても
ないように思える。

ただしんどい。
ただいつになれば治るのか。
きっとシマ子の方がそれを待ってる。

なのに何もできない。

今夜のごはんはいつもの半分で
夜食もあげられない。
体力の消耗も激しいと思ったから。

母親にもう美味しいなんて感じないん
じゃないかと言われた。

でもそんなこと、シマ子にしか
わからないじゃない。

私は今朝、とても気持ちよく起きれた。

夜中はいつも通りだったけど、
ベッドで一緒に寝てくれたり、
寄り添ってくれたり。
シマ子と一緒だなぁと思いながら
夜を過ごせたから。

夕方まではまだ大丈夫だったけど、
夜ごはんのシマ子のしんどさを
思うと本当にツラくなってしまった。

力いっぱい、体いっぱいで
口に入れないでと抵抗する姿は
力があると見るか、
本当にツラいと見るかわからない。

本当にわからないのです。

シマ子はしんどいだろうけど、
比較的ちゃんと横になって寝てる。

箱座りしたままとか、眠れてないと
いうことはなさそうで、
それだけが救い。

夕方までは週末少し出掛けようかと
思っていたけど、気力がない。
やはり離れていたくないと思って
しまった。

ベッドで寝るシマ子をあとどれくらい
見ることができて、
撫でることができるんだろう。

まだまだあったかいシマ子を
ずっと撫でていたい。

だけど、ちゃんと、猫としての生活を
させてあげられないのはツラい。

すべて私のエゴでしかないと
わかってる。
わかってる上でごはんもあげて
少しでも楽に過ごせるようにと
やってきた。

本当はどうすればよかったんだろう。

転院すればよかったんだろうか。

もっと先生に詰め寄ればよかったの
だろうか。

私はなにをしたらよかったのだろう。

また迷路に入ってしまった。

泣いていても何も解決しないし
シマ子も悲しむだけ。
困るだけ。

わかっているけどどうしようもない。

もう一度ちゃんと病院とも病気とも
向き合って、今後を少しだけとしても
シマ子のしんどさを軽減させて
あげられる様にしたい。

他の子たちもまたごはんを渋り始めて
本当に八方塞がりの気持ちになって
しまった。

泣いてても始まらないが止まらない。

明日は私はツラくともちゃんと
しっかりしないといけない。

もう自分でも自分を苦しめては
いけない。
それではいけない。

そうゆう犠牲ではいけない。

もっと笑顔でお世話したいなぁ。
もっとシマ子とにこにこしながら
お話しながら過ごしたいなぁ。

もうちゃんとしないと。
もう本当にちゃんとしないと
また後悔が増えてしまう。

明日こそは泣かないで過ごせるように
頑張ろう、わたし。
頑張れよ、わたし。

まだ終わらない。
まだ終わらないと信じて
まず明日を頑張れ。

がんばれ。
nice!(1)  コメント(0) 

シマ子 うろうろ。 [猫。]

シマ子は昨晩も下に下りてきてくれた。

ふと、徘徊なのか…とも思うけど
それでもいいと思っている。

ボケみたいになったとしたら
ずっと数値も悪く、脳にまで
良くないものが行き続けていたと
考えられなくもない。

どんどんボーッとしている時間が
増えてる気がするし、
耳も聞こえてないのかな?と
思う時がある。

ボーっとしていて注意力がないの
かもしれない。

だけど、手足は勝手に動くわけでも
ないだろうし、シマ子の意思で
どこかへ行こうとするなら結構。

ボケてるからかわいそうとは思わない。

動きたくても動けないとイライラ
している時もあったと感じているので
たとえ疲れてしまうとしても
好きなように。
好きな場所へ。

昨晩は私の部屋の窓に乗っていた。
油断した。

窓の外の景色を見るのは
元々好きなので仕方がないけれど
何せ高いし、下りるのが危ない。

私の部屋の窓には、
机から棚、そこにあるTVに
次々に乗って行って窓に
到達したっぽい形跡があった。

考えるね…

フラフラなんじゃないのかい…

それでも、何日か前からは
床に後ろ足から下ろすとき
滑らなくなったなぁと思っていた。

どんどん動かなくなってヨロヨロ
してた時は、足が上手く付けなくて
滑らせていたのだけど。

少なくとも毎日10回近くはトイレに
起き上がり、寝返りもし、
少しの高さなら飛び乗ってたので
それがリハビリみたいになったのかな。

なにせ、シマ子の動きに
驚かされるばかり。

ずっとごはんを拒否る時以外は
声を出したりしなかったのだけど
ふぅんと鳴いたりする事がでてきた。

元々その鳴き方はするのだけど
少しトーンが違うのでまた違うのかな。

さっきも、リビングに連れて行ってたら
戻りたくなったのか、階段の前で
ふぅんと鳴いた。

恐らく上れない、と行ったのだろう。
抱えて階段を上がっても
特に嫌がる素振りはなかった。

ずっと避難場所にいたのだが
狭いとノビができないので
たまに引っ張り上げてベッドに
寝かせてみる。

今もリビングから戻った後は
ベッドで寝ている。

やはり夜になると活動が始まるので
できるだけ昼間も多少動いて貰って
夜も寝て貰おうという作戦中。

好きにさせてあげたいのは山々だが
全部というのもまた難しい。

ある程度は夜も好きにして貰って、
みんなが寝静まる時間には
ちゃんと寝て貰えるようにしたら
昨日は結構ちゃんと寝ていた。

ただ、夜中に何度もトイレに行くし
その度に吐いたりえずいたりが
あるので、私はそう眠れないけど。

昼間は全然吐かないのに
一体なんなんだろう。
胃が疲れているのか、
はたまた血中濃度の問題か。

やはり1日の食事の分だけ
毒素は増えるだろうから。

かと言って、それに合わせて
点滴ができるわけでもなく、
まして、そのタイミングになってても
同じように吐いてるわけで。

胃薬飲ませてみたいなぁ。
なんであんなに聞き入れて
貰えないのだろうか。

ずっとうんちでは100%吐いてたのが
何回かに1回はするっと出る時が
あって、その時は結構感動する。

良いうんちとかでもないけど
しっかり踏ん張れてるのかな。

歩いてる事で、お腹が空いてきたり
うんちも出やすくなればいいなぁ。

まぁ相変わらずごはんには
一切の興味がないのだけどね。
何よりも残念な話。

ホントにもう自分で食べる事を
止めてしまったのかな…

お水は飲もうとするからお腹が空けば
食べ始めたりする気もする…

だけどお腹を極限まで空かせて
あげられるほど猶予がない…
ちょっと減らしてもガクンと体重も
落ちてしまうし…

だから内容を変えたりしつつ
反応を見て、おいしいというか
反応が悪くないごはんを探してる
つもり。

腎臓の数値が高い以上、
強制をするのに一般食を
あげるのは少し躊躇するけど
やっぱり挑戦しないと変わらないの
かもしれないな。

そして抵抗の度合いが凄くて
本当に気持ちがやられてしまう。

シマ子自身も相当疲れるだろうし
それも気になる。

体勢とかも試行錯誤しつつ
やってるのだけどなぁ。

ドライの団子が最後なのだけど
その頃になったら抵抗が
尋常じゃなくなってしまう。

食べないわけではないけど
口を開けられるのを嫌がる。

昨日から俄か口をまた気にしていて
レーザーの効果もここまでか、と
思っているのだけど、
今朝は、顔がとても良くて、
病院に連れて行くのは憚られた。

ましてお天気も良い。
こんな日にわざわざ病院にねぇ…

サプリの効果も期待度が大き
過ぎたのかな。
一緒に飲んでるシマもなんか
違和感を感じている様に思う。

ただ、うんちはとてもよくなった。
そうゆう意味では飲んでても
いいのではないかと思う。

水に溶かしても、そのままでも
いけるので助かるし。

ただ、ネバネバのヨダレは出て
いないから、そこまで酷くは
なってないと思うのだけど…

実際外からとかくちびるの内に
指を入れて痛い所を探すけど
その時は全然反応ないし、
ごはんの後、口の周りを
きれいにするのに拭いてる時は
むしろなんの抵抗もしない。

もうすぐ食べるから待て!と
思ってるのかなぁ。

まぁ量が難しくて、多いのかも?と
思ってはいるけど。

元気になってきてる雰囲気だけど
消化する力とかは減って来てる
のだろうか。

硬めながらもうんちは出てるし
大丈夫な気もするけど
見えない所だけによくわからない。

まだ改善の余地はあると思うから
もう少し試行錯誤しよう。

自分で食べてくれるのなら
強制は止めていいと思ってる。
例え量が少なくても。

その時はシマ子に任せたいと
考えてはいる。

実際そうならないとわからないけど。
何故なら状況は色々あるから。

とても情けない顔になってしまって
こんなにかわいい顔だったのにと
少し前の写真を見て思うけど
今の顔も段々かわいく見えてきた。

というか、どんな顔でもシマ子は
かわいい。
そこはなんも変わらないのは
当たり前。

しかしなんで目が垂れるのだろか。
不思議。

これだけ頑張っているのだから
もうシマ子から何かを奪うのは
止めて欲しいとこの頃思う。

視力を奪い、気力、聴力まで
奪うのはひどすぎる。

まぁ、気力はここ3日くらいは
返した貰った感じはあるけど。

耳も全然聞こえないわけではない。
だけど、やっぱ老化みたいな
感じなのかなぁと思う。

まだ14歳なのに。
まだ老猫まではいかないよ。

一ヶ月でこれだけ老けさせて
しまって申し訳ない。

贅沢は言わないから、
シマ子がシマ子の意思で
ちゃんと生命を維持しながら
残りの猫生を全うできるように
どうかどうかお願いします。

ごはんのいやいやが少しは
おさまってくれますように。

明日も行きたい場所に行けますように。

ごはんのおいしさを知りますように。
思い出せますように。

口が痛いのがなくなりますように。

お水をスムーズに飲めますように。

シマ子がシマ子らしく生きる道を
サポートできますように。

まだあと1回ごはんがあるけど
お手柔らかに頼むよ、シマ子。

大分息が合って来た気もするけど
私がまだまだだから頑張るね。

昨日は一緒に寝てくれてありがとう。
少しゆっくり寝かせてくれてありがとう。

まだまだよろしくね。
シマ子。
いつでもいつまでもいつになっても
あいしているよ、シマ子。

nice!(1)  コメント(0) 

シマ子 階段。 [猫。]

つい今、シマ子が階段を下りた。

いつもそうしてたように
ゆっくりゆっくり
トントンと下りました。

自らリビングに来たのなんて、
急性腎不全になってからは初めて。
調子を崩し始めてからも
数えるほどで。

もうずっと部屋にこもってたから。

親の寝室をうろうろとしていて、
また窓に上ろうとしたらしく
母親が制止して、抱えて乗せたみたいで。

それからまだあっち行ったり
こっち行ったり。

その前に、うんちしてちゃんと出たけど
やっぱり吐いていて、
その時、ほぼ初めてごはんも吐いて…

全部ではないし、この時間からの
嘔吐物は大体胆汁混じりのものが
多いからいつも通りなのだけど、

お水も自分で少し飲んだのもあって
多めに吐いてしまったのかも。

その中にキドニーケアと思われる
欠片が少し入っていたので、
未消化のものとして、どれくらいかは
わからないけど、やっぱりごはんが
出てきてしまったのは
とてもショック。

吐き戻してしまったりしたら
強制はやめなくては、と思っているし、
負担になる量はいけないと思ってるので。

でも、リビングに来たからと体重を
計ったら100gくらい減ってた…
多分5日くらいで。

結構頑張って食べて貰ってるつもり
だったのでこれもショック…

減らした日もあるからそれが響いたのかな…

でも、ホントにこんなに歩いたのは
確実に一ヶ月以上ぶり。

たまによろけはするけどしっかりと
歩いてた。
リビングに来たから、もしかして?と
思ってお水置いてたらまた飲んでいて。

キャットタワーの一番下とか、
他の子のケージからちゃんと見える所で
これみよがしに居座るのは
いつものシマ子。

ほんの10分くらいだったけど、
満足したのかまた階段に向かって行った

昨日の朝みたいに上れないという顔を
するかと思いきや
ほっておいたらまた一段一段と階段を
上り始めた。

落ちてはいけないから手は準備するけど
触れないように気付かれないように。

ラスト3段は何故か駆け上がろうとして
踏み外したりしていた。

本当に本当に本当にすごい子。
シマ子はすごい。

何回もすごいねーって誉めた。

階段をトントンと下りる姿を
何度思い出しただろう。
もう二度と下りては来てくれないと
何度涙が流れたか。

何日か前に、リビングにも行こうよって
言った事がある。
またいつものように来てよ、って。

それを実現してくれたかはわからないけど、
シマ子の気まぐれかわからないけど
嬉しくて泣いた。

悲しくて泣く度にこれが嬉し涙なら
良かったのにと何度も思ってた。

これを期に右肩上がりに…とはならない
だろうけど、少しでもシマ子が思うように
動けて、猫として生きられるなら
そんな嬉しい事はない。

実際、すかさずごはんをすすめてみたけど
全く反応がなかった…

それでも少しずつお水が飲めるように
なってきた事は大事な事で、
何度もお水飲んだら楽になるよって
言ってたのわかってくれてたのかな。

それまでは、こんな事になるとも
思えずに頑張れと言えなかったから
また、シマ子には悲しい思いを
させていたのかもしれない。

ごめんね、シマ子。
どれだけ謝っても謝っても足りないね。

これだけできるんだと見せてくれて
本当にありがとう。
私の願いをどんどん叶えてくれて
本当にありがとう。

こんな孝行な猫は初めてよ。
ずっと賢い子だとは思っていたけど
ここまでとは。

本当にすごい子。

頑張ってくれてありがとう。

私たち家族は何がなんでもシマ子と
一緒に頑張るからね。
今度こそ負けないように頑張るからね。

ごはんたべれますように。

また一歩猫としての生活を良きものに
できますように。

明日もゆっくりお散歩できますように。

いつもいつもありがとう。
私の心を救ってくれてありがとう。

シマ子、あいしてるよ。
シマ子、あいしてるよ。
nice!(1)  コメント(0) 

シマ子 ごはんが変わる。 [猫。]

相変わらずの日々が過ぎている。

季節は夏になったようだけど
いつまでも5月のまま止まってる。

シマ子はどうなんだろうか。

昨日はなんか調子が悪くて
それでもごはんは食べて貰っていたけど
お昼ごはんでは、母親と二人で
泣きながらごはんをあげていた。

もう食べたくないの?
いやなの?
と母親が珍しく涙を流したので
私もつられてしまった。

なんにせよ、やはりこのところは
調子が特に良くないと感じる事が多く
おしっこが出ないと思ったら
たくさん出てみたり、また減ったりを
繰り返してる。

シマ子にとって、おしっこの量は
生命線だから神経質に見てしまう。

相変わらず夜中の嘔吐と
トイレの近くに居座る事になっている。

だけど、昨日はもしかして、と
ごはんを少し寝る前に食べさせたら
食べないよりは嘔吐が少なかった
気がする。

また今日もやってみないとわからないけど。

友達に連絡をして色々話を聞いて貰った。

単純に、強制を続けるか止めるか、
その子ならどうするか聞いてみたかった。

うちの子ならすぐ返事できるけど、
状態とかをちゃんと聞いて返事したいと
電話してくれた。

そして、結果、

私なら止めません。

しっかりと言い切った。
涙が溢れた。

そうすることが本当にシマ子にとって
いい事なのかはわからない。

だけど、そうしながら1ヶ月以上
きてしまった。
結果、シマ子は今も生きていて、
しんどいながらも、明日を待っている。

それでもしんどいかも知れないと
弱音を吐くと、
しんどいかもしれないけど、
一緒にいれる事は猫にとっても
家族にとっても幸せな事だと
思いますよ、と言ってくれた。

その子はシマ子の事ももちろんだけど
私が後悔しないように決めるのが
一番いいと言ってくれる。

確かに、シマ子の為と言いながらも
結局自分が辛いからという事も
往々としてあるから。

それに、あれをやらなかったから、とか
後悔は出る中で、やってもやらなくても
後悔はあるのだろうしというのもある。

本当に信頼する友達の言葉なので
尚更救われ、勇気を貰った。

かと言ってもちろん状態を無視した
やり方はできない。

その中で、ごはんの内容を変える話に
なった。

入院中に自分で食べたというので
スペシフィックのごはんにしていた。
手軽という事もある。
キドナと混ぜるのもとても良いので。

ドライを粉砕してペーストにするより
なんとなく良いと思っていた。

だけど、普通にドライのがカロリーが
高く、友達曰く、栄養もある、という。
またやらかしていた…

そもそもシマ子はほぼドライで暮らしきた。
それは療法食の缶詰はあまり食べず
一般食を好むので、ドライ中心で
おやつ代わりやサプリを飲ませる程度に
ウェットをあげてきた。

そして、キドナも好きじゃない。

美味しくなかっただろうなと改めて思う。
ただ、カロリーと腎臓の事を考えると
そうしないと!と思ってしまっていた。

うちには腎臓用のドライが山ほどある。
なんでもっと早くやってみなかったのか。
まずはやってみないと。

自分でまた呆れていた。

とりあえず、キドニーケアが一番
カロリー高めなので。
てか、シマ子は去年末くらいから
腎サポで何故か吐いてしまうように
なってしまっていたので
腎サポは食べられない…

腎ケア、フォルツァ、アニモンダ
今は色々あれどどれもこれも
誰も食べない悲しさ…

まぁどうなるかわからないしと
キドニーケアをすり鉢で砕いて
水で溶いてやってみた。

全くもって加減がわからず、
食べさせながら緩さを調整。

ボソボソすぎると口から全部
出てきてしまう。
ベトベトすぎるとやりにくい…

難しい。

それでも、シマ子の反応的には
そう悪くもなく、普段の
スペシフィック+キドナよりは
マシそうな…
気のせいか…

もちろんキドニーケアは調子が
悪くなり始めても食べていたもの。

ふと、これを最初からあげてる方が
食べる事を思い出したのでは…と
また今更の事を思った…

シマ子にとって、スペシフィックは
お薬みたいなもので
ごはんではなかったのかも…

それは考えるだけで恐ろしい…

でもあり得るな、と思った。

昨日の朝、昼はそうして砕いてみて
なんともなぁと思って調べてから
直接ふやかして潰すパターンに
挑戦してみる事にした。

もちろん時間がかかるので、
ごはんが終わったら次のごはんの
仕込みとして水に浸して冷蔵庫へ。

食べる前にはもう3~4時間は経過
してるので、それをチンして潰す。

1回目は潰さず、形のままで
団子にしてみたのだけど、
水分の多い少ないがあったらしく
微妙な出来栄えになってしまい、
やっぱり口から相当零れ落ちた。

次はちゃんとすり鉢の中で潰して
団子にしたらとてもいい感じ。
一口くらいに丸めて用意してみた。

すると、丸めるより平たい方が
食べやすそうに見えたので
潰してみると、なんと零れる量も
減った。

しかし1回に食べさせられるのは5g
程度かなぁという印象。

全量をそれにしてもいいけど、
それにすると、サプリとかが混ぜにくい
ので、やっぱりスペシフィックには
多少お世話になっておきたい。

しかしなんで、こんなになるまで
色んな事が気づけずいいたのか。

現実を見ようとせず、逃げようとして
いたのだろうな、私。
どうしようもない…

母親と泣きながらごはんをした後は
むしろ頑張って食べよ!おいしいね!
と今まで以上に声をかけながら
ごはんの時間を過ごすようになった。

特にそうしようと思ったわけでも
ないのだけど、食べさせないという
選択がない、という結論になったと
私は解釈している。

そしてこれは本当に驚いたのだけど、
昨日は午前中かなりしんどそうで
ずっと避難場所から出て来ないし
ちょっと歩いてはへたる。

朝、隣の部屋に連れて行ってみて
日向ぼっこするかな?とベッドに
乗せたらすぐ下りたようで、
見に行くと、動けないんだと言わん
ばかりの悲しい顔で私を見てきた。

それが悲しくて悲しくてたまらなかった。
出来ない事がひとつ、またひとつと
増えていく。
シマ子が辛いのは私も辛い。

そしてお昼には強制もかなり嫌がられ
失敗もして、母親と泣いて終えて。

夕方には少し落ち着いたかな、とは
思っていたのだけど、
夜、また隣の部屋の方が涼しいので
エアコンが寒いよりはいいと移していて。

そしたら、父親が目撃したのだけど
部屋の窓のサンに飛び乗っていたらしい。
そしてそのまま自分でベッドに下りたそう。

父親が電気をつけると乗っていて
下りた、という事だった。

その2日前かしっかり覚えていないけれど
窓に今にも飛ぼうとするように見えた時
無理やろ、と私が抱えて窓の
サンに乗せた事がある。

もちろん床からでなく、ベッドと横に
棚があって、そこから飛ぶのだけど
うちの元気な子たちでも、
うっかり滑ったりするくらいの高さ。

一般的な窓の高さと、ベッドの
高さと思って貰って大丈夫と思う。

それを聞いて、まず怪我がなかったか
確認したけど、母親もとりあえず触って
みたけど普通に歩いていたという。

まじか…

前の時、私に乗せられたのが
相当嫌だったんだろうな、と思った。

私の部屋でも中間地点を使わずに
ベッドに飛び乗ろうとしたりすると
制していたら、何が?というような
顔で床から一発で飛び乗ったり。
これは10日くらい前だったか。

まぁシマ子は私に病気扱い
されまくってるのが気に入らないのと、
やたら手を出してくる事にも
辟易してるのかもしれない。

朝のあの顔はなんだったのだ…

今朝もお水をシリンジで飲ませて
いたのだけど、
その後に自分でよろよろと器に行き
ちょろちょろと少量だけ自力で飲んだ。

そして離れた所にいた私の顔を見た。

飲めるんですけど、とも言いたげに。

完全に病気の情けない顔になって
しまったシマ子のドヤ顔だった。

何もかも振り絞ってくれてる気がして
ならない。

だって、どう見てもしんどそうだから。
おしっこもトイレの外になってる事のが
多くなってる。

もちろん、相変わらず吐いてる。
点滴の吸収も良いわけでもない。

それなのにね…

すごいね、シマ子。
私に言いたいのかな。
元気になるって。
もしくは、元気になってるよって。

だったら嬉しい。

嬉しいけど…

そして、口内炎も少しはマシになってる
感じがある。

さっきもお水を促したら少し飲んだけど
飲んだ後の違和感の素振りが
各段に減った気がする。

レーザーをやったタイミングが
良かったのかもしれない。

痛かったろうけど、少しずつ数値も
下がっていたという事は唾液とか
その成分も多少マシになっていたの
かもしれない。

そして続けてやったし、ステロイドも
使ったし、上手く功を奏したのかも。

セラプトというサプリも今摂っていて
それはシマも飲んでいるけど
良さげな感じはする。

きえーるは下痢とまではいかないが
ちょっと違和感を感じるので
食べさせず、口を拭いたりするのに
使っている。

ティッシュにシュッとして
歯を拭いたりもしてる。
それくらいなら大丈夫そう。

乳酸菌はごはんに入れて飲んでいて
これは効いてるかどうか…
でも、セラプトも乳酸菌の筈なので
まぁ良しとしてる。

食べる時は相変わらず犬歯を
ザリザリさせるけど、あれももしかしたら
痛いのではなく、やめてくれという
意思表示に変わっていったのかも。

ねっとりしたキドナの成分が
気持ち悪いのもあるかも知れない。

だけど、なんとなく良くなっているなら
嬉しい。
シマ子の回復力なのかも。
色んな事が凄いとしか言えないよ、
シマ子。

だからこうしてると、やたら希望を
持ってしまう。

本当にこのまま少しずつ良くなって
ごはんも食べれるようになるのかも。

数値も少しずつ良くなって
毎日点滴しなくてよくなるのかも。

もう見られないと思っていた、
階段をトントントンと下りていく姿を
また見れるのかも。

とめどない。

だけどその希望と同じくらい、
それが難しいという事も理解している。

今も避難場所で寝ている。

自分の体が入るだけくらいの狭さで
少し陰になってるその場所から
引っ張り出さないと出て来ない。

だから、マッサージもほぼできてない。
血流悪くなってるだろうなぁ。

それでもなんとなく熟睡してるなと
思うと起こすのも忍びなくて
そのままにしてしまう。

棚の角が痛いだろうとタオルを
敷いてみたら、ちゃんとそこに乗ってる。

冷たい所も必要なのだろうけど
どちらかというと狭い所が良さそうだ。

元気にするというなら、
もっとやらなくちゃいけない事が
ある気がする。
カロリーも恐らくまだ足りてない。

だけど、本当に難しい。
嫌がる強制を今の段階で量や回数を
増やすとなるとシマ子も嫌だろうし。

なんとか少しでも自分で食べてくれたら。

でも、最初の目標はそれだった。

もしも残り数日だったとしても、
このまま食べないまま終わらせては
いけないと思ったから。

少しでも食べる楽しさや幸せを
ちゃんともう一度感じて欲しかったから。

だから、本当に食べてくれる事が
あったなら強制は役割を終えるかも
しれない。

まぁこればっかりは誰にもわからないけど。

未だに毎日涙は出てくる。
嬉しい事を嬉しいって喜んだら
全部終わってしまう気がして
心底喜べていないのがもどかしい。

ふり絞っていたのだなぁと思うのか
と考えるだけで苦しくなる。

それでもやっぱりどうにか
ごはん食べて貰ってしまう。

父親は、シマ子の顔を見て
そんなすぐに旅立つような顔をしてないと
言った。

細かい事などなにも知らない父親だし
その言葉の信ぴょう性も微妙だけど
なんとなく嬉しくも思った。

やっぱり愛されてるよ、シマ子。

父親は来週からしばらく入院する。
手術もするので、何かあれば退院は
延びてしまうだろう。

最初の予定では昨日からだった。

シマ子はそれまでに旅立つのか、
はたまたちゃんと退院を待てるのか
それも気になる所だった。

かわいがってくれた父親が留守の間に
終わらせてはいけないと思う。

せめてちゃんと待ってて欲しい。

あまりに辛くて、シマ子が悲しくて
もう頑張らなくていい!と言ったら
シマ子が悲しそうな顔をした
気がした。

すぐに嘘やで、ごめんな、と謝った。

シマ子が頑張るなら私も精一杯
頑張る。
だけど、ギリギリまで無理したら
あかんよ。
しんどくなったらあかんよ、と伝えた。

なんとなく聞いてる顔をしていた。

窓のサンに飛び乗ったのはその後。
何か意味があったのかなぁ。

明日からもまたごはんの試行錯誤は
続いていくだろう。

ドライの団子を全量にするのは
少し気になるし、消化の方もちゃんと
見てからだなぁと思う。

うんちは昨日の夜中でていた。
小さな硬いものだったけど
数個出ていた。
もちろん吐いたけど。

口の違和感が少しずつ良くなって
気持ち悪さも少しずつマシになれば
吐くのも減るのだろうか。

体重を測った方がいいのだろうが
なんとなく知りたくなくて測ってない。

でももしもまた大分減っていたら
ごはんも見直さなくてはならないし
測らないと。

明日もちゃんとおしっこが出ますように。

気持ち悪さが少しでも減りますように。

ごはんのおいしさを思いだせますように。

ゆっくりのんびり眠れますように。

お水も器からしっかり飲めますように。

少しでも歩ける体力がつきますように。

欲を出してすみません。

究極は、シマ子が元気になりますように。

とにかく1日1日大切にいこう。
うっかり眠りが長くなってしまう事が
増えてしまっているおねぇだけど
ちゃんと起きてお世話するからね。

少しでも楽に過ごせる様に一緒に
頑張ろうね。

みんなに愛されてるよ、シマ子
あいしてるよ。
シマ子。

nice!(1)  コメント(0) 

シマ子 あさごはん。 [猫。]

連夜、胃液の嘔吐が止まらない。

大体3時前後から朝まで。
何回もトイレに入っては吐いてる。
そして床にへたりこむ。
その度に背中をさすっている。

どうしてこれを楽にしてやれないのか。
どうしてこの症状を抑えてやれないのか。
本当にどうしようもない気持ちになる。

セレニアを飲ませれば吐き気は
おさまるかもしれないが
今度は自分の好きな所で眠れなくなる。
動けなくなるから。

どちらをとるかシマ子に聞きたい。

もう送ってあげないといけない。
母親が言った。

私も感じてる。
わかっているけど、わからない。

ごはんをずっと食べさせてきたから
食べなくなったら、の判断がない。

そして嘔吐が始まるのは決まって食後
5~6時間後。
胃が空になってから。

夜中は長時間空いてしまうので
嘔吐があるとも考えられる。

一人で食べさせられないので夜中は
とても難しい。
それでもやってきたらよかったなと
また今更ながら思う。

ずっと胃を動かすのも、動かさないのもしんどいんだろうな…

おしっこは出てるけど、
やはり格段に減ってしまっている。
何より点滴の吸収が良くない。

もう少しお水を飲んでくれたら
まだおしっこは出るのだろうと思う。
お水も少しずつ飲ませるようにしてる。
だけど、やはりとても嫌がる。

飲みたくない食べたくない、よりも
お世話がとにかく嫌なんだろう。

シマ子のプライドを守るはずのお世話が
傷つけているのだと思うと辛い。

朝方、シマ子の身体はとても冷たかった。

エアコンの設定温度は28.5℃。
何回も吐いてるのもあるだろう。

おしっこも終わったからベッドに
引き上げて、エアコンの温度も
少し下げてから布団を着せてみた。

すると少しずつ体温が戻ってきた。
よくわからないけど、単に寒かったのか。
床に突っ伏していたから余計に冷えたのかな。

点滴の時間になっても、吸収がいまいち
だったので、少しのばした。
おしっこは出ているのにな。
循環が上手くいかずにしんどいと思う。

朝になりまた床に寝て、おしっこを
した後開いたドアを見つめると
私の顔を見てた。

夏の間は事務所の床にいる事が多かった。
多分涼しいのだろう。
何日か前から行きたがっていたけど
冷えるからと止めていたから
私の顔をうかがったのだろう。

いいよ、と言っても行かないので
見ないふりをしていたらいつのまなか
行っていた。

好きな所で寝るといい。
好きな事をするといい。

ずっとそう思っていたけど、
やはり制限もしていたから……

今度こそ本当にそれでいいよ。

点滴もできる感じになり、やってみた。
しばらくしたらツメとぎしてまた
事務所の方に行った。

母親が部屋の掃除をしろと言うので
シマ子が留守の間にやった。
今夜からはまた床で寝ようと思う。

今でもしんどいながらもベッドから
トントンと下りていくけれど、
床で寝たい事も多いからそうする。

6月の最初はそうして床で寝てた。
だけど、ベッドに寝る方が落ち着くように
見えたからまたベッドにした。
今は、ベッドも暑いからね。

そうこうしてるうちに時間は経って
大体次のおしっこの時間。

また吐いた。

どうかわからないけど、食べて貰おうと
準備した。

いつもよりも少ない量で。
もうシリンジもやめて。
私の指で4~5回で終わる程度。

相変わらず嫌がったけどすぐ終わった。
口の中をすすいで、お水も飲んで貰った。

やはりシリンジよりスムーズで
吐き出す事もない。
シリンジに向かない子もいるのだな。

それからは私の部屋のいつもの
狭い隙間におさまって寝ている。

私も寝るのでずっと見てないけど
見る限りはすやすやと眠ってる。

ごはんを食べたくないけど、
食べるとやっぱり眠れるのよね…

カロリーも少なくしてしまったけど
今のシマ子にはいいのかもしれない。

まぁ様子見つつ。

また夜になったら怖くてたまらないの
だろうな。
もちろん今でも怖いけど。

ごはん減らした事でまたなにか
後悔に繋がってしまわないかも
考えるだけで恐ろしい…

だけど今の感じは、決して最近までの
この先どちらに転ぶかわからないような
そんな感じではないと思う。

何かがシマ子の体をしんどくしてる。

数値は前より下がってても、
体からは臭いがなくても、
歩くのがまだしっかりしていても、
数値が高かった時の様な感じだ。

実際おしっこ減ってるから上がったの
かもしれないしね。

木曜日に500の点滴パックを貰った時
もう病院に行くことはないだろうなと
頭の隅で思っていた。

この点滴パック全部使いきれるだろうか
そんな事も思ってしまっていた。

悲観してとかではなく、冷静に。

だけど、もちろんどうなるかは
わからない。

ごはんを減らして良くはならないだろうが
楽になってくれるかもしれない。
気持ち悪さは最悪セレニアに頼もう。

押し迫ってくる時間に潰されないよう
一秒たりとも無駄にせずに
シマ子と一緒にいる。

奇跡は起こらないかもしれない。

だけどシマ子はここに生きている。

もう奇跡は起こっていたのかもしれないね。

本当に頑張ってるすごい子。
こんなにしんどくても抵抗はすごい。
最後の最後までシマ子として
きっと生き抜くだろう。

一緒にいれて幸せだ。

こんな強さに溢れた子と過ごせることは
なかなかない。

まぁ貴重であってもなくても、
シマ子はシマ子で、
私たちのかわいい子だけどね。

他の猫たちとは離れた生活だけど、
他の子たちがやたらと静かにしている。
何か悟っているのかな。

シマ子、お気に入りの隠れ場所で
ゆっくりゆっくりおやすみ。

また後で少しだけ食べよう。
気持ち悪くならないように。
吐いてしまうようならやめよう。

ごはんの時間以外はずっとのんびりと
して貰ってきたつもりだったけど、
本当にシマ子はシマ子の生き方を
ずっと変えないままなんだなぁ。

野良と家猫の間みたいな存在かも。

安住の地がうちであったなら幸せだ。

もう少しのんびりしていってね。

ね、シマ子。
あいしてるよ。
nice!(1)  コメント(0) 

シマ子 頑張りの成果。 [猫。]

なんとなくPCに向かう元気を
失っていた…

木曜日、朝イチで病院に行こうとしたら
出る筈のおしっこが全く出ない。

夜中3時を最後に9時を前にしても
出なくて、連れて行ってもいいけど
我慢させるのは良くないし
何より気持ち悪いだろうから、と
1番の予約が取れていたので
念の為病院に連絡して待つ事に。

待てど暮らせど出ず。

でもシマ子は比較的すやすやと
眠ってた。

やっぱり私は少し安堵して、
行きたくなかったんか、とシマ子に
聞いてみた。

シマ子は知らんふりで寝ていた。
私はまた部屋着に着替えて、
私も眠いから一緒に寝よう、って
結局昼前まで一緒に寝た。

すると、12時ジャスト。
診療終了時刻におしっこに行った。

なんとも出来すぎなんだけど
まぁそれでいいか、と思った。

そして、病院に行くとしても
入院という選択はすまいと決めた。

夕方になって、午後診をどうするか
迷ったけど、結局連れて行く事にした。

レーザーももう一度やって貰って
様子を見たかったし、
点滴もいるから、電解質も見て
欲しかった。

先生は検査する気全くなかったけど
お願いしてやって貰った。
その間にレーザー。

この間よりも明らかに出力が高そうで
先端から煙が出てた。
あと、前はかなり遠めにしてたのに
今回は至近距離まで近づいて
当てたので何度かシマ子の
くちびるに当たってジュッって
いってた。
明らかに火傷してた。

まぁ、近づけた方が効果あるだろうし
そう思ってやってくれたのだろうから
有難いけど、1回目より雑に見えて
少し悲しかった。

シマ子が動いたのも原因なのだけど。

検査結果は、腎臓の数値は全部
下がっていて先生もへぇって
感じだった。

だけど、私にしたら、下がるという事は
元々下がる筈だったという事だから
余計に後悔が大きくなったのだけど…

それでも、今まで点滴もごはんを
食べさせられることも全部全部
シマ子が頑張ってきたから、
数値も下がる事になったのだと
思う。

私なんてホント何もしてないも
同然だから。

点滴もごはんも最低レベルだから。

もちろんそれはシマ子に無理を
させない為ではあるけれど、
結局それを始めるタイミングを
見誤ってしまったから、今こうして
後悔をしてしまってる。

しつこいけど、でも言わずには
いられないくらい自分にはキツイ事。

そして、最初にごはんを食べられる様に
してあげたいと伝えたのだけど、
結局、数値も下がってるし、
このまま点滴続けてください、で終わり。

食い下がって、食べるのも数値が
下がればですかね?
このままでも数値下がるんですか?

と聞いたら、
このままできたらね、と言って
先生は出て行った。

なんだろうなぁ、この空しさは。

私が悪いんだろうか。

シマ子に頑張ってるね、もスゴイねも
もちろんない。
あまり大して触る事もないし。

私の小さな不信感が出てるのかな。
なんかわからないけど空しかった。

今回は点滴のパックを標準の500に
して貰って、しばらくは行かなくていい
様にした。
それまでは250だったから3日毎には
行かないとダメになってたから。

最初は500使い切れないから
小さいのにしてたのだけど、
最近はまぁそこそこ入れられるから。

木曜日と金曜日は何故かおしっこが
少なくてヒヤヒヤした。

吐き気も結構あったので、
試しにセレニアを1/4にして
飲ませてみた。

やっぱり効き目はあった気がする。
だけど、効く時間も短かったかな。
しかも、ダルそうなのは同じだったと思う。

今日の朝方というか夜中3時頃から
シマ子はトイレの横にスタンバってて
机の下とを行ったり来たり。

おしっこ出ないと思ってたら
今度は少なめのおしっこを1時間毎
くらいにして。

トイレに入るとほぼほぼ吐いてしまう
ようになってるので、その度に
気持ち悪そうにしてて。

うんちが出ないのかなぁと思うけど
その前にかなりしっかりと出していたから
また違うと思って。

何度か胃液や胆汁交じりの胃液を
吐いてるのを見て、最後にかなりの
量の胃液を吐いたから、
胃液を吐きたかったのかな…と
その時は思った。

でも今思うと、おしっこ出なかった分
体に毒が回っていて、それを出したくて
おしっこ何回もしたのかも、と
思ったりした。

それでもあんまり水飲まないのは
本当に頑固としか言いようがない。

でも、少しは飲んでた。
私も促したし。

それから今日はいつも通り位は出てる。

だけど、日に日にしんどさが
増してる感じがする。

少しは歩けるけれど、少し歩いては
へたり込むという感じになってきた。

数値は下がっていたけど、
そうゆう事じゃない。
そもそも下がっていても明らかに
高い数値だし。

本当に食べられないままに
お別れになってしまうのかと思うと
悲しくて仕方がない。

お別れのがもちろん悲しいけれど
結局私はシマ子の頑張りに
何も応えてあげられなかった。

昨日からごはんを緩めにして
シリンジに挑戦したけど、
口から出そうとするし、
シリンジの方が嫌そうで…
時間もいつもよりかかっていた。

今日1日様子を見たけど、
明日からはいつも通り手で入れる
事にする。

犬歯が痛くて辛いのは辛いし
怪我するのを母親が心配してるの
だけど、指がなくなったとしても
それもシマ子との大事な思い出に
なるんじゃないかとアホな事さえも
考えてしまう。

気づくと体が少し冷たい時がある。

いよいよしんどいとは思っていても
やはりまだ一緒に居れるのでは
ないかと思って冷やすのは憚られる。

気温や湿度の事も今は難しくて
でも暑いなと感じたらエアコン入れると
シマ子は割とすやすやしてくれるので
今後もエアコン活用しつつ、
タオルをかけつついこうと思う。

奇跡、起こってるなぁと思うけど
まだ起こるんではないかと欲張って
考えてしまう。

だけど、片方で、もう本当にあと
何日かかもしれないな、とも思ってる。

同じものを同じだけ食べているのに
歩けなくなる事。

それはやっぱり回復してないと
思うから。

ごはんの量も少し考えないと
いけないかも知れない。

本当にもっと早く色んな事をちゃんと
すればよかった。

私のこの先何十年かの寿命と
引き換えに過去に戻れるとしたら
自宅療養をすすめられた日に
戻りたい。

先生にシマ子をちゃんと預けて
3日くらいは静脈点滴をして、
おしっこいっぱい出して貰って、

おうちではしっかり強制して
ごはんを食べる事をちゃんと
思い出して貰えるように、
体力が失われない様に
しっかりやりたい。

どうしたって叶わない願いだけど。

数値が振り切っても、
まだ元気そうだからって色んな事
もっと試せば良かった。

なんであんな余命なんて信じて
しまったんだ。
くだらない。
バカバカしい。

悪くなるほんの1週間前まで
おもちゃで遊んで走っていたのに
その後そんな事になるなんて。

そこから1度もまともにごはんを
食べる事なく1ヶ月を過ごして
しまうなんて。

しんどいのに、1ヶ月も一生懸命
頑張ってくれるなんて。

その時誰も予想も想像もしてなかった。

数値が下がってるのを見た時、
それでも調子が悪いから
全然喜べなかったけど、
シマ子が私に後悔なんてしなくていい
こうして結果出たでしょ?って
言ってくれてる気がして
本当に救われた。

そしたらフッともう来るところまで
きたんだなぁと思った。

シマ子にも、頑張らなくていいよ
ゆっくりしよう、って伝えた。

それでも毎日涙は止まらない。

後悔とかそんなんじゃなくて、
とにかくシマ子がかわいくてかわいくて
たまらないから。

そんなヨロヨロになってでも
高いベッドに飛び上がろうとしたり
下りてトイレに行こうとしたり、
さっきは、窓に飛び上がるつもりか
近づいて行ってた。

おしっこもすこし間に合わなくなって
トイレの外に敷いてあるシートに
出る事が多くなってきた。

だけど、ちゃんとするし、
うんちだって立派なのが出る。

口内炎のサプリとレーザーも
合っているのか、口の痛みも
少し楽そうに思える。

たまにこぼれるヨダレは腎臓の
方のしんどさだろうと思う。

ますますお水は飲まない。

点滴の吸収も少し遅れてきた。

それでも、匂いの強いごはんを
持っていくとやっぱり匂いをがぐ。
食べはしないけど、匂ってる。

本当にこのまま食べられないまま
なのかなぁ。

あと1週間頑張れたらまた数値も
下がって、食べられる様になったり
しないのかなぁ。

だけど、しんどいのはシマ子。
頑張るのはシマ子。

もういいんだよ、とも言ってあげたい。
だけど、お別れはしたくない。

矛盾してるけどどうしようもならない。

昨日と一昨日は腕枕で眠ってくれた。
何故か寄って来てそうして寝た。

ずーっとそうしてきたもんね。

6年間毎日だったわけでもないけど
ここんところはずっとそうして
腕枕で一緒に眠ってたね。
また眠れてうれしい。
ただそれだけ。

また一緒に眠ろう。
エアコンは寒いから一緒に布団着て
眠ろうね。

暑くて気持ち悪くなってしまうから
ずっとは無理なんだろうけど。

この先こそ、少しでもしんどさが
少なくありますように。

気持ち悪さが少しでも取れますように。

おしっこがちゃんと出ますように。

ゆっくり熟睡できますように。

吐き気がおさまりますように。

しんどい事だけが長続きしませんように。

シマ子、ホントにすごい子やね。
こんなに頑張れる子はなかなかいないよ。
生きる強さをいつも教えてくれて
ありがとう。

何より、かわいいかわいいうちの子。
家族みんなにかわいがられる
愛されてる子。
だから苦しいのは我慢しなくていいよ。

ちゃんといるからね。
みんないるからね。
安心しててね。

また明日、
ゆっくり一緒にお昼寝しよう。

シマ子、愛してる。
愛しい愛しい子。
いつもありがとう。

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -