So-net無料ブログ作成
検索選択

シマ子 ぐったり。 [猫。]

やはりごはんは無理させてしまった
のだなぁと思う…

依然おしっこが1時間半で出てるので
点滴も早めないといけなさそう。

口もやっぱりまだ痛いみたい。

先生的には1/4ではちょっと足りないくらい
だと思うと言ってて。
だから無理そうなら追加、という事で。

でも、この多尿を見てると追加する気に
なれませんでした。
結局しんどい思いさせただけ…

吐き気はなんとかおさまってるかな。
気持ち悪そうな素振りは見てない。

さっきちょっとご飯食べてる間に
トイレに行ったらしく、途中で倒れてた…

今日はおしっこが多いから床に近い
場所に寝かせているけど、
ベッドが少し遠くにあるから
戻れる体力がなかったのね…

床に座布団ひいてベッドを置いてても
誰かが廊下を歩く度、ドアの開け閉め
色々響くと思うので少し高い所に
寝て貰ってるのが良くないのだろう
けど…

シマ子自身も高い所の方が安心してそう
なのだけど微妙だなぁ。

それでも意を決したように、スッと立ち上がり
トイレまで歩いていこうとする。

私は夜中もずっと気配がしたら飛び起きて
介助してる。
できるだけ触れない様に。
倒れそうになったら支えられる様に。

猫はおしっこだってうんちだって
する時何かに触れられてたら気になる
だろうから、なるだけ触らない様にしてる。

ホント食べてないって厳しい。

強制してた時は嫌がりながらも
ごっくんしてくれてたから、怒ったりして
爪といだりしてたけど今は全くなし。

それでも、食べるとやはり体力が
持ってかれるようでぐったりしてしまう。

だけど食べないでいるのは衰弱しか
生まないし。
ジレンマ。

もうちょっと私が上手く強制もできたら
また違ってたのかも知れないけど。

シマ子は何せそうゆうのが大嫌いな
プライド高い猫だから、どっちにしても
難しかったのかな。

点滴は吸収しにくいし、
強制は苦手だし、
一番なったらダメな病気だったね…

先生からリンの高値がずっと続いてるから
カルシウムと結合して、沈着してるだろうと
言ってた。

ふと、ちゃーの突然の血栓ぽい事とか、
最後の日の呼吸困難とか、それだったの
かなぁと思ったりした。

まぁちゃーも腎臓の数値はなかなかずっと
高いままだったけど。
だけどリンだけはなぜか低くてずっとごはん
食べれていた印象。

ずっと食べさせてなかったおいしい缶詰
ホントずっと食べて貰ってた。
ちーが食べる事ができなかったからね。

ちゃーも元々少し太めの子だったから
旅立ちの時も3キロオーバーだったと思う。
ただ腫瘍(良性)があったから多少それの
重さもあったろうけど。

シマ子はまだ4キロオーバー。
MAX時がこの春で、4.8キロ。

全然使い果たせてない…
これがどうゆう結果を生むのか…
とても不安。

体重があるうちは大丈夫なんじゃないかと
急に楽観的に思ったりもしたけど、
今の口内炎の事や、よだれの事とか、
内臓にも何かしらのダメージがあるのかも
と思うと、恐ろしくてたまらない。

シマ子は今やっと腎不全に突入した感じ。

最初の頃は、たんぱく尿でもなかったし、
比重もあった。
多飲多尿でもなかった。
体重減少は食欲不振なだけ。

本当にこんなに食欲不振だけが
先に立つ事なんてあるんだと思い知らされた。

調べても調べても点滴したら元気そうに
なったというものばかり。

シマ子はやればやるほどしんどくなった。

本当に今でもよくわからない。

他の疾患があるのかなぁとも思うけど、
シマ子のタイムリミットなのかなぁとも
少し思い出してもきてる。

所謂末期と言われる数値のまま10日近く。
強制と言っても1日のカロリーの半分以下。
この3日ほどはほとんど食べてないに
等しいくらい。

それでもシマ子の体はあったかくて
朝は目も輝いている。
トイレにもちゃんと行ける。
お水も飲める様になってきた。

良い事と良くない事。

色々あるけれど、やっぱりシマ子は強い。

1歳の頃、おそらく食べるものも満足に
食べれないまま二週間彷徨い我が家に
帰ってきた事もある。

ボサボサの毛でかすれた声で鳴いた。
呼んだら走ってきた。
ごはんをすごい勢いでがっついてた。
昨日の事の様に思い出せる。

6年前、もうできる事はありませんと
退院してきてから、脅威の回復を見せて
病院を驚かせた。

5年前、信じられない位の肝臓の数値を
叩き出しておきながら、入院2日目に
自分でごはんを食べた。

いつだってシマ子は強かった。

だけど、今回は勝てないのだろうなと
思ってしまった。
もちろん私の力不足も大いにある。

ただ、11月からの原因不明の断続的な
不調、4月から割と顕著な不調があり
今がある。

もっと早く調べておけば、と思うけど
その間にも何度も病院に行ってるし
検査もしていたからね。
それでも見つけて貰う事はできなかった。

そのまま春が過ぎてしまった。

結局は腎臓が悪くなってしまったけど
それがなくても、他の何かが壊れて
いたのかも知れないなぁと思う。

セカンドオピニオンとして今の病院に
行って、結構しっかり調べて貰ったけど、
腎臓のカタチしか見つからなかった。

実際、それが全部の根源なのかも
しれないけど。

慢性腎不全ってもっとゆるやかなものと
思ってたから本当に混乱した。

まぁ、今でも混乱してると思う。

本当にみんな違うんだなぁと痛感した。
思えば当たり前なのかも知れないけれど。

何より、あと2年は大丈夫な気がしてた。

でも、今年は何かあるような予感もしてた。

最初の結果が出た時涙が止まらなかった事
自分でも不思議に思っていた。
そこまで悪い数値でもなかったのに。

昔みゃーこがそれこそ末期で診断された時、
何も知らないままで、みゃーこを見て涙が
出た。

その時はそんな早くお別れがくるとは
思ってもなかったのに涙が止まらなかった。
その意味を自分なりにあとから考えて
なんとなく、予感があったのだろうと思った。

予感なんていらないし、思ったとしても
思いっきり拒否して考えない様にしてた
のに。

今年最初からシマくんの膀胱炎と歯肉炎で
てんやわんやで、仕事も死ぬほど忙しくて、
予定もいっぱいあって。

シマ子との時間を大分ないがしろにしてた。
それがやっぱり今は大きな後悔。

今こうしてられるのはとても幸せな事。
だけど、元気な時に一緒にいるのが大事と
わかっていたのに。

シマくんは依然不調のまま。
他の子たちもストレスになってしまってる。
わかっているけど、シマ子から離れる事が
できないでいる。

もちろん他の子のチェックも毎日やってる
けど。

でも他の子たちが求めてるのは一緒にいる
事だからね。
我慢ばっかりさせてる。
申し訳ない。

全員がもうすぐ14歳になる。
立派なシニアたち。
それでも元気でいてくれてる事、
本当に感謝してる。

だけど今だけはシマ子といさせてね。

シマ子、みんなが見守ってくれてるから
安心してのんびりしていてね。
ずっと一緒にいるからね。

明日がよい日でありますように。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

とは言え。 [猫。]

毎日毎日。

なんなら、何時間毎かに
不安で潰れそうになる。

なにが最善かなんてわかるわけない。

だけど、すべてにおいて後手になって
しまってる今焦る気持ちもあって。

この3日ででも体力を消耗させてる
気がする。

さっき、セレニアを飲ませるのに失敗して
大量の泡を吹かせてしまった。

ごはんも一応あげてみたけど
シマ子を疲れさせるだけで終わった。

ごはんの楽しさなんて一切なかった。

上手くいかない。

簡単じゃないってわかってるけど
やっぱりこんなに難しいのかと痛感する。

シマ子はまだごはんはいらないらしい。

ステロイドの所為か、おしっこが2時間を
待たずに出てる。

こうなると今度は脱水が心配。
これで嘔吐があったら本当に心配。

お薬を失敗したのは本当に致命的。

ステロイドも泡吹いたから余計ダメ。

色んなこと一気にやるなんて無理。
わかってるけど、やっぱり焦ってしまう。

あったかい体をさすっていても
不安が拭えない。

でもこれが、介護でありお世話だとも
感じている。

いつだって正解なんてわからなくて、
時間も限られていながら、その中で
最善と思う事をひたすらやってきたつもり。

今もその筈なんだけど…

なんか足りないなぁと自分で思ってしまう。

シマ子に甘えてるなぁって思ってしまう。

私自身、こんなべったりの生活をいつまでも
続けられるわけもなく、それもまた焦りを
生んでる気もする。

それこそ私がどうにかするしかないけど。

父親にも病気が見つかり、検査通院の日々。
両親で行かなければならないので、
やはり今家を空けるのは難しい。
そうゆう意味でも。

だけど…

でもわかってはいる。
これを決められるのは私ではないし
もしかしたらシマ子にもわからない。

ただ、一人不安な時間だけは増やしては
いけないと思ってる。

病気で辛いのにその上寂しいなんて
絶対ダメ。
そうせざるを得ない環境でもないのに。

できるだけ一緒の時間を過ごしてたい。

母親が、シマ子はまだここに居たいのよね、
と言った。

延命にとても反対する母親なのに、
なぜかシマ子には、廃絶でもごはんは
あげないの?と聞いてくる。

ちーの時はとても喧嘩したのに。

母親から見ても、シマ子にそこまでの
危機感を感じないからなのかも。

だけど、さっきちゃーちゃんと同じ目に
なってきたね、と言ってた。

私も思ってた。

ちゃーも元気そうに見えていたけど
写真を見るとやはり病気の子の顔
だった。

やっぱり先はわからないけど、
やっぱりやろうと思う事をやるしかない
のだろうなと思う。

もうお薬失敗しないように最善を
尽くします。
これだけは本当に。

ステロイドがちゃんと効いて、
セレニアもちゃんと効いて、
シマ子の生活を助けてくれますように。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

シマ子 結局。 [猫。]

旅立つ前は体温が下がっていくらしい。

今までの子でそれを痛感した事が
あまりないのでよくわかりませんが、
色々なみなさんの情報を見てると
なるほどな、と思いました。

ちーはそうだったかもしれません。
2kgを割るような細い小さな体は
体温などなかったのかもしれません。

実際は、断続的に続く痙攣から
早く解放させてあげたい一心で
体温とか気にする余裕なかったですけど…

そしてシマ子…

よくわかっていないという事ですが
どう考えてもあったかいです。

一応タオルかけたりはしてて
フリース素材のだったり日によるの
ですが、確かにひんやりする日も
ありましたが、基本的にはあったかい。

あと一週間くらいでは?と言われてから
今日で9日目。

腎臓の数値ぶっちぎりの結果を
見てから3日目。

正直全然終わりを感じません。

相変わらず食欲廃絶です。
昨日少し食べさせてからあげてません。
夜中結構吐いてしまったので…
負担なのだろうなぁと思ったからです。

だけど吐いた後、うんち出たんですよね。
あんなちょっとしか食べてないのに。

シマ子の体力はもうかなり減退してて
本当にフラフラです。

中途半端な体勢だと、足が流れます。

だけど、水の器の前に座り、お水を飲もうと
するのです。

あんなに飲みたがらなかったのに。

少しずつ飲んでも大丈夫と思ってるっぽく
感じます。
だけど、昨日から口が痛くなってる様で
ここにきて口内炎が発症した様です。

そりゃあんなに高値のままですから
お口の中も良くないのは当然です。
食べてないのですから免疫も下がってる
でしょう。

傷めたのがちょうど私が強制する時に
指が当たる場所だったので、
やっぱりそこか…と悲しくなりました。

気を付けて洗ったりしていたのですが
追いついてなかったのでしょうね…

散々迷いましたが、病院に電話して
ステロイド使う事にしました。

効くかどうかはわかりません。

そもそも効いてどうなるかもわかりません。

だけど、折角お水を飲もうと思ったのに、
飲めると思ったのに痛くて飲めないなんて
悲しすぎるので。

ついつい先の事を考えてしまいますが
今は、本当に今だけを考えてお世話を
しないといけないと思っています。

もう十分遅くなってしまいました。
ここまでしんどくさせてしまいました…
あと10日、ちゃんと判断できていれば
今頃シマ子はもう少しマシな気分で
眠れていたかも知れないです。

本当にそれは申し訳ない気持ちです。

今朝はとても調子がよさそうな
顔をしていて、お薬を、となりましたが、
昨日の感じだったらそうはならなかったの
かもしれませんね。

シマ子にとって何が苦痛か。

もしかしたら今この一瞬一瞬が
苦痛かもしれません。

ですが、少し部屋を空けて戻ったら
ゴロゴロいって、母親に撫でて貰うと
本当に気持ちよさそうにしていて、

朝日はまぶしいけど、新鮮な空気を
何度も何度も吸い込んでいる顔は
明日、明後日に旅立ってしまう様には
見えませんでした。

やはり、点滴も投薬もしんどそうです。
点滴の吸収が少しずつ早まっているので
脱水しきらぬうちに次を入れてるの
ですが、大分吸収されたであろう時間が
シマ子にとって一番ノビノビとした時間に
思えます。

だったら…とは思いますが、
やはり点滴だけは止めるのに勇気が
いります。
そもそも、シマ子は嫌がっていないですし…

針を刺す瞬間はいつも声を上げますが
それからはじっと我慢してくれています。
必要なものだと思ってるのでしょうかね。

おしっこはもう臭いもないですが、
1日何回もしているので、少し楽な日も
あるのかもしれません。

5/29、急性で入院した時よりは
全然楽そうに暮らしてくれています。

その前からあまりお水を飲みませんでしたが
今は少しでも飲もうとしています。
喉が渇くほどに脱水が始まってるのかも
しれません。

それでも、お水を自ら飲むって事は
生きていく上で大事な事です。
それをシマ子は取り戻したのだと
思っています。

これがどれくらいの事かはわかりません。

この先結局何も食べられずに
力尽きるかもしれません。

だけど、少しでも反応があった事は
しっかり対応していきたいと思います。

一生懸命流れないようにしていた
よだれが手につくようになっています。
口が痛いからか、どうかはわかりません。

たった1/4のステロイドがどれくらいの
効力を発揮するかもわかりません。

それでも、少しでも何かおいしいものを
感じられる事を祈りたいです。

求めるものは長さではありません。
もちろんずっと一緒に居れるなら
幸せすぎる事です。

だけど、それが難しい事くらいは私にも
わかっているのです。

だからこそ、少しでも穏やかな日々を。
少しでも猫としてのプライドを守って
あげられる日々を過ごしていきたいです。

夕方好きな缶詰でごはんにしたいと
思います。

点滴も、強制も、投薬も、もしかしたら
苦痛を伴う延命なのかもしれません。

だけど、シマ子は今日も明日を信じて
生きていますから。

何もしなければ何日かで旅立って
しまうでしょう。
それが自然だと言われるかもしれません。

ですが、モノを言わない、
ましてや人間の元に暮らす動物は
そもそも野生ではないのです。

自ら何も選べない箱の中なのです。

だったら最後の最後まで一緒に過ごして
いきたいです。
シマ子もそれを望んでると思いたいです。

明日がどうなっているかわかりませんが
今日のように、シマ子が気持ちよさそうだと
感じられる様な1日になりますように。

おいしいものに出会えますように。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット