So-net無料ブログ作成
検索選択

シマ子 お腹のなか。 [猫。]

今日も今日とて今日です。

少し過ごしやすいものの
やや暑いかな、と思うので昨日から
ブランケット代わりにタオルを
かけられてるシマ子。

ホント、良い事を見つける度に
だからって治るわけじゃない、と
ネガティブな事ばかり考えてしまう
情けなさではありますが、
昼間っから母親と言い合いに。

介護生活が始まってしばらくすると
絶対起こる論争なのでいつも通り
だけど、疲れる。

まぁ所謂、延命するな、という事。

母親の言い分としては、
シマ子の体も限界が近づいてるのだから
無理して食べさせたりしても
意味がない、と。

これはいつまでたっても平行線な
話になるけど、限界は目に見えるもの
でもなければ、シマ子だってわからない。

ましてや話せないシマ子は、
まだ頑張りたいと思っても、そういった
勝手な見解で色んな事をやめたら
頑張ってるシマ子にとって、
今の頑張りはなんだったんだという事に
ならないか、と私は思う。

まぁ、序盤で諦めてたのは私だけど。

なんで数値が振り切ってる時は
何も言わず食べさせておいて、
数値が少し緩和されたと聞いたらもう
いいんじゃないか、というのか
全くわからない。

単に疲労もあるだろうと思う。
点滴の時間が定まらないし、
私一人では保定が難しいので
朝方でも手伝って貰っているから。

あと、私が家にいるのに、一緒に
出かけたり、息抜きができないのも
結局ストレスなんだと思う。
一人行動できない人だから。

それはわかるけど、今やらなかったら
何もかもが意味をなくしてしまう気がして
私はちゃんとやっておきたい。

点滴だけで一切何も食べずに
生きられる子はいない、と言っても
聞く耳もたない。

確かにろくに食べてなかったけど、
ろくに食べてないにしてもトイレに行く
体力分くらいは食べていたから
なんとかなってたと思ってる。

あと、食べてなかった事と、
嘔吐が治まってた事、
消化のために使われるエネルギーが
少なかったのもあると思う。

点滴も食べるのもしんどいのに
何故やるのか、と基本中の基本の
事まで言われた。

何故か。

シマ子はものを言わないから。

長く生きて欲しいかもしれないが
それはシマ子にとって苦痛でしかない。

何故そこまで言い切れる?

じゃぁ何故シマ子の体は頑張ってる?

もちろん、限界が近いという事も
あり得るとは思う。
それくらい高値が続いているから。
今それなりにしてられるのも
慣れもあるかもなぁと思ったりもする。

だけど、顔を見る度に終わりじゃないなぁと
思うから、すべてを止めるタイミングでは
ないと感じてる。

まぁ病気の子の顔ではあるけどね。

あと一週間後どうなってるかは
わからないけどね。

でも、やっぱりわからないものは
わからない。

じゃぁ、やるしかないと思う。

数値が右肩上がりで、おしっこも
そこまで多くもなくて、水も自分でほぼ
飲まなかった時、

呼吸は浅くて、末端は冷えてて、
尻尾の先なんて明らかに血流を
感じなかった。

母親と一緒にできる限りマッサージして
なんとか温められないかとやって、
今は尻尾の先もちゃんと命を感じる。
他の子と同じくらいの体温を感じる。

少し呼吸は苦しそうに思ったりするけど
エネルギー不足もあるし、栄養不足で
しんどいのが一番だと思う。

ただ息が本当に苦しければ丸くなって
寝たりしないとは思うけど…

セレニアを休薬して4日だけど
朝は少し吐いた。
乳白色だったから、キドナだなぁと
思った。
昨日の夜に食べたものだから
明らかに消化が遅いのもわかってる。

胃腸の動きが少し弱まる薬が
点滴に入っているし、それの所為も
あるかなぁと思ったりするけど
確かなことはわからない。

強制は確かに嫌がる。
3口目くらいからずっと唸ってはいる。
だけど食べたら体温が上がって
ゆっくり眠れてる気がする。

それをしんどくなってると思う事も
不思議ではないけど、
食べなければ消化する体力も
結構ずっとないままになってしまう。

色々簡単にいかない事なんて
既にわかってる。

だけど、冷たい場所とか暗い所に
行くわけでもなく、トイレが終わったら
いつも寝ている高いベッドの上に
今でも飛び乗ろうとする。

習慣だし、そうゆうものかも知れないけど
やっぱりそうしたいと思うシマ子の
気持ちを尊重するならば、体力も
必要なんではないかと思う。

まぁ、何を言ったところでエゴだと
一蹴されてしまうかもしれないけど。

ただ、エゴでもなんでもいい。
シマ子が猫として猫の命を全うする
お手伝いをしたいだけ。

自然に任せるなら病院に行く意味が
全くわからない。
病院に連れて行って楽にしてあげる
方法を知るのだと母親は言うけど
それなら、日々の暮らしをサポートする
というのと同じではないのか。

確かに強制は見ててもしんどい。
やる方も嬉しくはない。
でも、食べる事を忘れてしまうという
猫の習性があるのだとしたら、
思い出すまでやるしかないと思う。

本当にダメなら吐くし、下痢もするだろう。

私もそりゃ迷ってばかり。
やりすぎてないかもずっと思ってる。

だけど、あんな消極的なやり方で
シマ子は少し気分のいい時間を
今手に入れてるのだとしたら、
もう少しだけしっかりサポートできたら
楽になるのかも知れないと
思ってるだけなんだけど。

まぁ、それが余計なお世話で
負担なんだというのが母親の言い分だけど。

私が全部ひとりでできたらいいの
だろうけど…

ただ、シマ子は私にお世話されすぎるの
かなり嫌がっている節はあるので
母親に手伝って貰うのがシマ子にも
良いから、やって貰うしかない。

私がお水を持っていくより、
母親が持ってく方が俄然飲むし。

やはり食べるのをしっかりと
やり始めるとよだれを飲み込む事も
少し増えた。
吐いたのもきっとそれもあるだろう。

だけど、吐くのなんてあんなもんじゃ
ない。ちょっと気持ち悪いなんて
もんじゃなかったから。

それを見ても、やっぱり前よりは多少
マシなんだろうと思う。

介護生活は折り合いが難しい。
わかっている。
だけど、そんな事に時間使うなら
マッサージのひとつでもやってあげたい。

何より頑張ってるのはシマ子。

私たちなんて大して何もやってないと
思うのだけど。
ひとから見たらやりすぎに思えるのか。

まぁだからとて、ここで引き下がるなら
最初から強制なんてやらないし。

トイレに入るのも、しんどい時は
ただ入って腰を下ろしたり下ろさなかったり
して出てくるだけだったけど、
今はおしっこの時でも少し砂をかく。

小さなことだけど、大きな進歩だと
思ってる。

うんちが出ていない事は気になるけど
お腹の中は私には見えないから。
動け、動けと念じるほかない。

整腸剤の種類も変えてみた。

タイミングがどうかわからないけど
カリナール1を増やしてから
少しおしっこが増えた。
たまたまかな。

キドナと乳酸菌とカリナール1と2
それに高栄養ウエット10g程度。
大したカロリーはないけど
これなら1~2分までに食べ終える。

あとはお口をお水ですすいで貰って
終わり。

もちろん怒ってはいるけどね。
すんごい力で手を押さえられる
けどね。

これ以上は無理強いさせないから
これだけは食べておいてよ。

さっきまた気づいた尻尾がたぬきに
なってて、今度は注意深く見て
いたのだけど、爆睡してる様にしか
見えなかった…

でも痙攣もまぁ半分寝てるような
もんだから中間だったりするのか。

名前を呼ぶと背中の毛が逆立って
たから多少はそうなのかもとは
思うけど。
前後の呼吸も特に変化なかった。

心臓の音を確認するには起こして
しまうからできなかったけど。

そっと背中に手を置いて起こしたら
おしっこに下りてきた。
そして終わったらツメとぎして
また小高いベッドに帰っていった。

少しだけ手を添えて、あとはシマ子の
ちからで。

今この状況を乗り越えたからと言って
普通の生活が送れるようになるとは
限らないけれど、そんな事はシマ子も
知ったこっちゃないし、
一生懸命生きてたらそうなったって
事だと思うから。

やっぱり長生きしてほしいとか
そんなん抜きにしても、
今を頑張るシマ子と一緒にやれる事
ひとつひとつやっていこうと思う。

毎日怖いけどね。
終わりを考えない日はないけどね。

だけど、折角貰えたこの大事な時間を
無駄にしないように私は頑張ろう。

シマ子はそのまま頑張らなくてもいいし
頑張ってもいいし、自由に。

まぁごはんは頑張って貰わないと…
だけど。

しんどい中にも少しでも嬉しいとか
楽しいとか幸せとかがありますように。

小さなゴロゴロをいつもありがとう。

怒られたり喧嘩したりはいつも通り。

この先もいつも通りやっていこうね
シマ子。

明日は少しでも今日より気分が良い
1日になりますように。

おいしいものに出会えますように。

今日もありがとうね、シマ子。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

シマ子 呼吸。 [猫。]

大分前だけど、病院からリンの数値の
連絡があった。

携帯を手元に置いてなかったから
留守電だったのだけど、9.9だった。

前が16くらいだったから、これも
結構下がった事になる。

すごいなぁ、シマ子。

9.9と聞かされても、依然食べれないし
大して…と思うけど、基準値上限が
8ちょいだったから、結構すごいと
用紙を見てわかった。

口内炎さえなければ、ちゅーるくらい
食べれて、おいしいおやつくらいは
食べれたかもしれない…
すごく悔しい。

自力で食べて欲しいのももちろん
あるけど、やっぱりシマ子がおいしいって
思って、これもっと食べたい!って
思える日々が大事だと思うから
そうできてない事が本当に申し訳ない。

所謂吸着剤とかも全部やめていて
整腸剤くらいしか混ぜてなかったけど
カリナール1を注文してみた。

そして、ずっと勘違いしてた事に
今更気づいた。

ネフガードをうちはずっと使ってたけど
あれはリン吸着剤じゃなくて、
老廃物吸着って事だったのね…

そういえば、ちーはリンの吸着剤
処方して貰ってたな…
ネフガードも飲んでたのに。

そして、ちーがネフガード飲み始めたのは
肝性脳症でアンモニアを吸着させる為
だった事も思い出した。

やっぱり最初からカリナール買っておけば
よかった…
本当に失敗ばっかの飼い主…
もとい、姉…

まぁ、ごはんほぼ食べてなかったから
そこまで吸着剤の恩恵も受けれてたか
わからない所ではあるけど…

明日には届くと思うので、1と2で
少しやってみようかと思う。

とまぁ前向きな事を言いつつも、
やっぱり不安な事ばかり。

点滴の吸収もさることながら、
呼吸もちょっと気になっていて。

調子が悪くなってから呼吸の
仕方というか、お腹の動き方が
結構違う事が多くて…

ここでも何度か書いてたけど
浅い呼吸がずっと続いてた事も
あったし、普通かなと思う時もあり、
今は少し深めになってる気がする。

浅くて速いのは本当に危険だけど
浅くてもそう速くなかった。

でも、深い呼吸って今まで見た事
ないからそれはなんか不安。

母親に言ったら、トラと同じじゃない?
っていうので確認したら確かに
似てた。

お腹部分とその少し上の部分が
交互に動く感じ。
シマやホシは一か所しか動かない。

若干鼻水なのか鼻づまりも感じるから
呼吸がちょっと苦しいところもあるの
かもしれないけど、やっぱり心臓と
いい、呼吸と言い、要なだけに
不安が拭えない…

フォルテコールも続けた方がいいのか
ましてちゃんと効いてるのかもよく
わからなくて恐ろしい。

とは言え、オススメされてるセミントラに
いきなり変えて調子悪くなってもなぁと
色々考えてしまう。

あと、今回の数値の下がった理由は、
やっぱりたくさんおしっこをしたから
だろうなと思う。

で、それはもしかしたらステロイドの
恩恵だったのでは?と思った。

多飲多尿が良い方に作用した感じ。
本当によくお水も飲もうとしていたし
おしっこも多かった。

シマ子が静脈点滴から皮下点滴に
移行した時、うまくいかなかった事は
結局点滴を吸収しずらい体質だった
事に尽きる。

だけど、ステロイドの所為で多尿に
なり、その分またお水を飲むから
良くはないけど脱水もしたろうし
その分点滴も吸収してくれたの
だろうなと思う。

ただ、今、また吸収しにくくなってる
からと言って、また安易にステロイドを
使えるわけでもない。
大体、そんな事を続けられるわけもない。

点滴の吸収に関して何かあるなら
知りたいけど、本当にわからないから…

吸収が悪い事、心拍数が高い事、
呼吸の事、
全部心臓に関わる事だから
本当に恐ろしくなってしまった…

今朝も4時から点滴するか否かを
ずっとシマ子を撫でながら迷ってて
気づけば6時になってたりして
本当に迷う事ばかり。

先生の何をしてもしんどいのでは
ないかというのもわかるから
ホントどうしたらいいのかわからない。

何が正解かも全くわからない。

試行錯誤すぎる。

しっかりしてくれとシマ子に
言われてしまいそう…

ふと、やっぱり今月の頭静脈点滴を
して帰りたかったんだろうなぁと
改めて思ったりした。

その日、シマ子は機嫌が悪かった。

なんで連れて帰ってきたのか、
しかもなんでずっと泣いてるのか、
ずっとうっとうしかったのかもなぁ、と。

シマ子は全然頑張れるのに
頑張らせてくれないのかと怒っていたの
かもしれないな。

ホント、戻れるならその日に戻りたい。
せめてあと2日静脈点滴させてあげた
かった。

ここにきてこんな後悔が色濃くなって
しまうとは…

不安や後悔なんてなくなる日は
来ないんだろう。

だから考えても仕方ないのに。

でもやっぱり考えてしまう。

夕方も、ふとシマ子を見ると尻尾が
たぬきになっていて、
反射的に飛びついて大きな声で
シマ子!と叫んでた。

気づかないうちに発作か何かが
起こっていたのかも。

声掛けたら、軽くだけどビックリして
ふぁ!って起きてくれて。

なんか本当に怖いなと思った。
一緒の部屋にいたけど、
その前に少しだけ寝言みたいな
声は聞こえたけど、まさか尻尾が
そんなんなってるとは思いもよらなくて。

発作とかでなく、単に夢を見てただけ
かもしれないけど、これはわからないから。

母親にも、そりゃシマ子の体の中で
何か起こっていても不思議じゃないと
言われてしまった。

もちろんそうだけど、今までそんなに
神経症状もなかったし、敏感にもなって
なかったと思うのに、数値がちょっと
下がったタイミングで??と思って。

油断ならない…

私もわかってはいる。
実際は明日がどうなるかなんて
本当にわからないという事。

今日という1日を毎日少しずつ
繋いでいるという事。

わかっているけど、良い事があったり
嬉しくなる事があったら、やはり期待
してしまう。

それをしないようにもしてるけど。

期待してあとで突き落とされるのが
本当に怖い。
それも不安のひとつでもあると思う。

でも。

結局毎日同じ事を言う事になる。

頑張ってるのはシマ子。

どうするかを決めるのもシマ子。

私はあくまでサポート。

シマ子がココを気に入ってまだもう少し
居たいと思ってくれているなら
そんな嬉しい事はない。

できればずっと居たいけど。

いつまでも不安ばっかりで
迷ってばかりで情けない姉だけど
どうか見捨てないでね。
一緒に頑張らせてね。

もう頑張らないでいいよとは言わない。

だけど、頑張れとも言わないね。

のんびり、行けるところまで行こう。

その先に何があるかは一緒に確かめよう。

いつだって一緒だからね。

また喜ばせてくれてありがとうね。
明日は少しごはん多めに食べれるように
工夫します。

日向ぼっこが幸せな朝になりますように。

おいしいごはんが見つかりますように。

さて、そろそろ寝ようか。
ね、シマ子。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット