So-net無料ブログ作成

シマ子 あさごはん。 [猫。]

連夜、胃液の嘔吐が止まらない。

大体3時前後から朝まで。
何回もトイレに入っては吐いてる。
そして床にへたりこむ。
その度に背中をさすっている。

どうしてこれを楽にしてやれないのか。
どうしてこの症状を抑えてやれないのか。
本当にどうしようもない気持ちになる。

セレニアを飲ませれば吐き気は
おさまるかもしれないが
今度は自分の好きな所で眠れなくなる。
動けなくなるから。

どちらをとるかシマ子に聞きたい。

もう送ってあげないといけない。
母親が言った。

私も感じてる。
わかっているけど、わからない。

ごはんをずっと食べさせてきたから
食べなくなったら、の判断がない。

そして嘔吐が始まるのは決まって食後
5~6時間後。
胃が空になってから。

夜中は長時間空いてしまうので
嘔吐があるとも考えられる。

一人で食べさせられないので夜中は
とても難しい。
それでもやってきたらよかったなと
また今更ながら思う。

ずっと胃を動かすのも、動かさないのもしんどいんだろうな…

おしっこは出てるけど、
やはり格段に減ってしまっている。
何より点滴の吸収が良くない。

もう少しお水を飲んでくれたら
まだおしっこは出るのだろうと思う。
お水も少しずつ飲ませるようにしてる。
だけど、やはりとても嫌がる。

飲みたくない食べたくない、よりも
お世話がとにかく嫌なんだろう。

シマ子のプライドを守るはずのお世話が
傷つけているのだと思うと辛い。

朝方、シマ子の身体はとても冷たかった。

エアコンの設定温度は28.5℃。
何回も吐いてるのもあるだろう。

おしっこも終わったからベッドに
引き上げて、エアコンの温度も
少し下げてから布団を着せてみた。

すると少しずつ体温が戻ってきた。
よくわからないけど、単に寒かったのか。
床に突っ伏していたから余計に冷えたのかな。

点滴の時間になっても、吸収がいまいち
だったので、少しのばした。
おしっこは出ているのにな。
循環が上手くいかずにしんどいと思う。

朝になりまた床に寝て、おしっこを
した後開いたドアを見つめると
私の顔を見てた。

夏の間は事務所の床にいる事が多かった。
多分涼しいのだろう。
何日か前から行きたがっていたけど
冷えるからと止めていたから
私の顔をうかがったのだろう。

いいよ、と言っても行かないので
見ないふりをしていたらいつのまなか
行っていた。

好きな所で寝るといい。
好きな事をするといい。

ずっとそう思っていたけど、
やはり制限もしていたから……

今度こそ本当にそれでいいよ。

点滴もできる感じになり、やってみた。
しばらくしたらツメとぎしてまた
事務所の方に行った。

母親が部屋の掃除をしろと言うので
シマ子が留守の間にやった。
今夜からはまた床で寝ようと思う。

今でもしんどいながらもベッドから
トントンと下りていくけれど、
床で寝たい事も多いからそうする。

6月の最初はそうして床で寝てた。
だけど、ベッドに寝る方が落ち着くように
見えたからまたベッドにした。
今は、ベッドも暑いからね。

そうこうしてるうちに時間は経って
大体次のおしっこの時間。

また吐いた。

どうかわからないけど、食べて貰おうと
準備した。

いつもよりも少ない量で。
もうシリンジもやめて。
私の指で4~5回で終わる程度。

相変わらず嫌がったけどすぐ終わった。
口の中をすすいで、お水も飲んで貰った。

やはりシリンジよりスムーズで
吐き出す事もない。
シリンジに向かない子もいるのだな。

それからは私の部屋のいつもの
狭い隙間におさまって寝ている。

私も寝るのでずっと見てないけど
見る限りはすやすやと眠ってる。

ごはんを食べたくないけど、
食べるとやっぱり眠れるのよね…

カロリーも少なくしてしまったけど
今のシマ子にはいいのかもしれない。

まぁ様子見つつ。

また夜になったら怖くてたまらないの
だろうな。
もちろん今でも怖いけど。

ごはん減らした事でまたなにか
後悔に繋がってしまわないかも
考えるだけで恐ろしい…

だけど今の感じは、決して最近までの
この先どちらに転ぶかわからないような
そんな感じではないと思う。

何かがシマ子の体をしんどくしてる。

数値は前より下がってても、
体からは臭いがなくても、
歩くのがまだしっかりしていても、
数値が高かった時の様な感じだ。

実際おしっこ減ってるから上がったの
かもしれないしね。

木曜日に500の点滴パックを貰った時
もう病院に行くことはないだろうなと
頭の隅で思っていた。

この点滴パック全部使いきれるだろうか
そんな事も思ってしまっていた。

悲観してとかではなく、冷静に。

だけど、もちろんどうなるかは
わからない。

ごはんを減らして良くはならないだろうが
楽になってくれるかもしれない。
気持ち悪さは最悪セレニアに頼もう。

押し迫ってくる時間に潰されないよう
一秒たりとも無駄にせずに
シマ子と一緒にいる。

奇跡は起こらないかもしれない。

だけどシマ子はここに生きている。

もう奇跡は起こっていたのかもしれないね。

本当に頑張ってるすごい子。
こんなにしんどくても抵抗はすごい。
最後の最後までシマ子として
きっと生き抜くだろう。

一緒にいれて幸せだ。

こんな強さに溢れた子と過ごせることは
なかなかない。

まぁ貴重であってもなくても、
シマ子はシマ子で、
私たちのかわいい子だけどね。

他の猫たちとは離れた生活だけど、
他の子たちがやたらと静かにしている。
何か悟っているのかな。

シマ子、お気に入りの隠れ場所で
ゆっくりゆっくりおやすみ。

また後で少しだけ食べよう。
気持ち悪くならないように。
吐いてしまうようならやめよう。

ごはんの時間以外はずっとのんびりと
して貰ってきたつもりだったけど、
本当にシマ子はシマ子の生き方を
ずっと変えないままなんだなぁ。

野良と家猫の間みたいな存在かも。

安住の地がうちであったなら幸せだ。

もう少しのんびりしていってね。

ね、シマ子。
あいしてるよ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

シマ子 頑張りの成果。 [猫。]

なんとなくPCに向かう元気を
失っていた…

木曜日、朝イチで病院に行こうとしたら
出る筈のおしっこが全く出ない。

夜中3時を最後に9時を前にしても
出なくて、連れて行ってもいいけど
我慢させるのは良くないし
何より気持ち悪いだろうから、と
1番の予約が取れていたので
念の為病院に連絡して待つ事に。

待てど暮らせど出ず。

でもシマ子は比較的すやすやと
眠ってた。

やっぱり私は少し安堵して、
行きたくなかったんか、とシマ子に
聞いてみた。

シマ子は知らんふりで寝ていた。
私はまた部屋着に着替えて、
私も眠いから一緒に寝よう、って
結局昼前まで一緒に寝た。

すると、12時ジャスト。
診療終了時刻におしっこに行った。

なんとも出来すぎなんだけど
まぁそれでいいか、と思った。

そして、病院に行くとしても
入院という選択はすまいと決めた。

夕方になって、午後診をどうするか
迷ったけど、結局連れて行く事にした。

レーザーももう一度やって貰って
様子を見たかったし、
点滴もいるから、電解質も見て
欲しかった。

先生は検査する気全くなかったけど
お願いしてやって貰った。
その間にレーザー。

この間よりも明らかに出力が高そうで
先端から煙が出てた。
あと、前はかなり遠めにしてたのに
今回は至近距離まで近づいて
当てたので何度かシマ子の
くちびるに当たってジュッって
いってた。
明らかに火傷してた。

まぁ、近づけた方が効果あるだろうし
そう思ってやってくれたのだろうから
有難いけど、1回目より雑に見えて
少し悲しかった。

シマ子が動いたのも原因なのだけど。

検査結果は、腎臓の数値は全部
下がっていて先生もへぇって
感じだった。

だけど、私にしたら、下がるという事は
元々下がる筈だったという事だから
余計に後悔が大きくなったのだけど…

それでも、今まで点滴もごはんを
食べさせられることも全部全部
シマ子が頑張ってきたから、
数値も下がる事になったのだと
思う。

私なんてホント何もしてないも
同然だから。

点滴もごはんも最低レベルだから。

もちろんそれはシマ子に無理を
させない為ではあるけれど、
結局それを始めるタイミングを
見誤ってしまったから、今こうして
後悔をしてしまってる。

しつこいけど、でも言わずには
いられないくらい自分にはキツイ事。

そして、最初にごはんを食べられる様に
してあげたいと伝えたのだけど、
結局、数値も下がってるし、
このまま点滴続けてください、で終わり。

食い下がって、食べるのも数値が
下がればですかね?
このままでも数値下がるんですか?

と聞いたら、
このままできたらね、と言って
先生は出て行った。

なんだろうなぁ、この空しさは。

私が悪いんだろうか。

シマ子に頑張ってるね、もスゴイねも
もちろんない。
あまり大して触る事もないし。

私の小さな不信感が出てるのかな。
なんかわからないけど空しかった。

今回は点滴のパックを標準の500に
して貰って、しばらくは行かなくていい
様にした。
それまでは250だったから3日毎には
行かないとダメになってたから。

最初は500使い切れないから
小さいのにしてたのだけど、
最近はまぁそこそこ入れられるから。

木曜日と金曜日は何故かおしっこが
少なくてヒヤヒヤした。

吐き気も結構あったので、
試しにセレニアを1/4にして
飲ませてみた。

やっぱり効き目はあった気がする。
だけど、効く時間も短かったかな。
しかも、ダルそうなのは同じだったと思う。

今日の朝方というか夜中3時頃から
シマ子はトイレの横にスタンバってて
机の下とを行ったり来たり。

おしっこ出ないと思ってたら
今度は少なめのおしっこを1時間毎
くらいにして。

トイレに入るとほぼほぼ吐いてしまう
ようになってるので、その度に
気持ち悪そうにしてて。

うんちが出ないのかなぁと思うけど
その前にかなりしっかりと出していたから
また違うと思って。

何度か胃液や胆汁交じりの胃液を
吐いてるのを見て、最後にかなりの
量の胃液を吐いたから、
胃液を吐きたかったのかな…と
その時は思った。

でも今思うと、おしっこ出なかった分
体に毒が回っていて、それを出したくて
おしっこ何回もしたのかも、と
思ったりした。

それでもあんまり水飲まないのは
本当に頑固としか言いようがない。

でも、少しは飲んでた。
私も促したし。

それから今日はいつも通り位は出てる。

だけど、日に日にしんどさが
増してる感じがする。

少しは歩けるけれど、少し歩いては
へたり込むという感じになってきた。

数値は下がっていたけど、
そうゆう事じゃない。
そもそも下がっていても明らかに
高い数値だし。

本当に食べられないままに
お別れになってしまうのかと思うと
悲しくて仕方がない。

お別れのがもちろん悲しいけれど
結局私はシマ子の頑張りに
何も応えてあげられなかった。

昨日からごはんを緩めにして
シリンジに挑戦したけど、
口から出そうとするし、
シリンジの方が嫌そうで…
時間もいつもよりかかっていた。

今日1日様子を見たけど、
明日からはいつも通り手で入れる
事にする。

犬歯が痛くて辛いのは辛いし
怪我するのを母親が心配してるの
だけど、指がなくなったとしても
それもシマ子との大事な思い出に
なるんじゃないかとアホな事さえも
考えてしまう。

気づくと体が少し冷たい時がある。

いよいよしんどいとは思っていても
やはりまだ一緒に居れるのでは
ないかと思って冷やすのは憚られる。

気温や湿度の事も今は難しくて
でも暑いなと感じたらエアコン入れると
シマ子は割とすやすやしてくれるので
今後もエアコン活用しつつ、
タオルをかけつついこうと思う。

奇跡、起こってるなぁと思うけど
まだ起こるんではないかと欲張って
考えてしまう。

だけど、片方で、もう本当にあと
何日かかもしれないな、とも思ってる。

同じものを同じだけ食べているのに
歩けなくなる事。

それはやっぱり回復してないと
思うから。

ごはんの量も少し考えないと
いけないかも知れない。

本当にもっと早く色んな事をちゃんと
すればよかった。

私のこの先何十年かの寿命と
引き換えに過去に戻れるとしたら
自宅療養をすすめられた日に
戻りたい。

先生にシマ子をちゃんと預けて
3日くらいは静脈点滴をして、
おしっこいっぱい出して貰って、

おうちではしっかり強制して
ごはんを食べる事をちゃんと
思い出して貰えるように、
体力が失われない様に
しっかりやりたい。

どうしたって叶わない願いだけど。

数値が振り切っても、
まだ元気そうだからって色んな事
もっと試せば良かった。

なんであんな余命なんて信じて
しまったんだ。
くだらない。
バカバカしい。

悪くなるほんの1週間前まで
おもちゃで遊んで走っていたのに
その後そんな事になるなんて。

そこから1度もまともにごはんを
食べる事なく1ヶ月を過ごして
しまうなんて。

しんどいのに、1ヶ月も一生懸命
頑張ってくれるなんて。

その時誰も予想も想像もしてなかった。

数値が下がってるのを見た時、
それでも調子が悪いから
全然喜べなかったけど、
シマ子が私に後悔なんてしなくていい
こうして結果出たでしょ?って
言ってくれてる気がして
本当に救われた。

そしたらフッともう来るところまで
きたんだなぁと思った。

シマ子にも、頑張らなくていいよ
ゆっくりしよう、って伝えた。

それでも毎日涙は止まらない。

後悔とかそんなんじゃなくて、
とにかくシマ子がかわいくてかわいくて
たまらないから。

そんなヨロヨロになってでも
高いベッドに飛び上がろうとしたり
下りてトイレに行こうとしたり、
さっきは、窓に飛び上がるつもりか
近づいて行ってた。

おしっこもすこし間に合わなくなって
トイレの外に敷いてあるシートに
出る事が多くなってきた。

だけど、ちゃんとするし、
うんちだって立派なのが出る。

口内炎のサプリとレーザーも
合っているのか、口の痛みも
少し楽そうに思える。

たまにこぼれるヨダレは腎臓の
方のしんどさだろうと思う。

ますますお水は飲まない。

点滴の吸収も少し遅れてきた。

それでも、匂いの強いごはんを
持っていくとやっぱり匂いをがぐ。
食べはしないけど、匂ってる。

本当にこのまま食べられないまま
なのかなぁ。

あと1週間頑張れたらまた数値も
下がって、食べられる様になったり
しないのかなぁ。

だけど、しんどいのはシマ子。
頑張るのはシマ子。

もういいんだよ、とも言ってあげたい。
だけど、お別れはしたくない。

矛盾してるけどどうしようもならない。

昨日と一昨日は腕枕で眠ってくれた。
何故か寄って来てそうして寝た。

ずーっとそうしてきたもんね。

6年間毎日だったわけでもないけど
ここんところはずっとそうして
腕枕で一緒に眠ってたね。
また眠れてうれしい。
ただそれだけ。

また一緒に眠ろう。
エアコンは寒いから一緒に布団着て
眠ろうね。

暑くて気持ち悪くなってしまうから
ずっとは無理なんだろうけど。

この先こそ、少しでもしんどさが
少なくありますように。

気持ち悪さが少しでも取れますように。

おしっこがちゃんと出ますように。

ゆっくり熟睡できますように。

吐き気がおさまりますように。

しんどい事だけが長続きしませんように。

シマ子、ホントにすごい子やね。
こんなに頑張れる子はなかなかいないよ。
生きる強さをいつも教えてくれて
ありがとう。

何より、かわいいかわいいうちの子。
家族みんなにかわいがられる
愛されてる子。
だから苦しいのは我慢しなくていいよ。

ちゃんといるからね。
みんないるからね。
安心しててね。

また明日、
ゆっくり一緒にお昼寝しよう。

シマ子、愛してる。
愛しい愛しい子。
いつもありがとう。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット