So-net無料ブログ作成

わかっていたこと。 [日々。]

わかっていたよ。

そんな簡単にはいかないことくらい。

今までずっとしんどかったし、
何か治療をしてるわけでもないし。

だけど、リビングに来てくれたことが
本当に嬉しかったから、
ごはんの拒否の強さはいつも以上に
突き刺さった。

大好きだったおかか入りの缶詰を
最初に口に入れても嫌がるだけ
もしかしたら口が痛いからかも
しれない。

夕方レーザーに連れていこうかと
混雑状態を見たら連れていけるような
状況じゃなかった。
それにまた空しくなるのもいやだなと
思ってしまった。

昨日も一昨日も自分で結構飲んで
くれたお水も今日は逆戻り。

一口飲んでは頭を振っている。
舌が痛いのかな…

こうなることはわかっていた。

だけど、やっぱりツラい。

私がツラいなんて言っちゃいけないと
思うけど、やっぱりツラい。

シマ子と一緒にいたい。
シマ子も自分が旅立つなんて思っても
ないように思える。

ただしんどい。
ただいつになれば治るのか。
きっとシマ子の方がそれを待ってる。

なのに何もできない。

今夜のごはんはいつもの半分で
夜食もあげられない。
体力の消耗も激しいと思ったから。

母親にもう美味しいなんて感じないん
じゃないかと言われた。

でもそんなこと、シマ子にしか
わからないじゃない。

私は今朝、とても気持ちよく起きれた。

夜中はいつも通りだったけど、
ベッドで一緒に寝てくれたり、
寄り添ってくれたり。
シマ子と一緒だなぁと思いながら
夜を過ごせたから。

夕方まではまだ大丈夫だったけど、
夜ごはんのシマ子のしんどさを
思うと本当にツラくなってしまった。

力いっぱい、体いっぱいで
口に入れないでと抵抗する姿は
力があると見るか、
本当にツラいと見るかわからない。

本当にわからないのです。

シマ子はしんどいだろうけど、
比較的ちゃんと横になって寝てる。

箱座りしたままとか、眠れてないと
いうことはなさそうで、
それだけが救い。

夕方までは週末少し出掛けようかと
思っていたけど、気力がない。
やはり離れていたくないと思って
しまった。

ベッドで寝るシマ子をあとどれくらい
見ることができて、
撫でることができるんだろう。

まだまだあったかいシマ子を
ずっと撫でていたい。

だけど、ちゃんと、猫としての生活を
させてあげられないのはツラい。

すべて私のエゴでしかないと
わかってる。
わかってる上でごはんもあげて
少しでも楽に過ごせるようにと
やってきた。

本当はどうすればよかったんだろう。

転院すればよかったんだろうか。

もっと先生に詰め寄ればよかったの
だろうか。

私はなにをしたらよかったのだろう。

また迷路に入ってしまった。

泣いていても何も解決しないし
シマ子も悲しむだけ。
困るだけ。

わかっているけどどうしようもない。

もう一度ちゃんと病院とも病気とも
向き合って、今後を少しだけとしても
シマ子のしんどさを軽減させて
あげられる様にしたい。

他の子たちもまたごはんを渋り始めて
本当に八方塞がりの気持ちになって
しまった。

泣いてても始まらないが止まらない。

明日は私はツラくともちゃんと
しっかりしないといけない。

もう自分でも自分を苦しめては
いけない。
それではいけない。

そうゆう犠牲ではいけない。

もっと笑顔でお世話したいなぁ。
もっとシマ子とにこにこしながら
お話しながら過ごしたいなぁ。

もうちゃんとしないと。
もう本当にちゃんとしないと
また後悔が増えてしまう。

明日こそは泣かないで過ごせるように
頑張ろう、わたし。
頑張れよ、わたし。

まだ終わらない。
まだ終わらないと信じて
まず明日を頑張れ。

がんばれ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

シマ子 うろうろ。 [猫。]

シマ子は昨晩も下に下りてきてくれた。

ふと、徘徊なのか…とも思うけど
それでもいいと思っている。

ボケみたいになったとしたら
ずっと数値も悪く、脳にまで
良くないものが行き続けていたと
考えられなくもない。

どんどんボーッとしている時間が
増えてる気がするし、
耳も聞こえてないのかな?と
思う時がある。

ボーっとしていて注意力がないの
かもしれない。

だけど、手足は勝手に動くわけでも
ないだろうし、シマ子の意思で
どこかへ行こうとするなら結構。

ボケてるからかわいそうとは思わない。

動きたくても動けないとイライラ
している時もあったと感じているので
たとえ疲れてしまうとしても
好きなように。
好きな場所へ。

昨晩は私の部屋の窓に乗っていた。
油断した。

窓の外の景色を見るのは
元々好きなので仕方がないけれど
何せ高いし、下りるのが危ない。

私の部屋の窓には、
机から棚、そこにあるTVに
次々に乗って行って窓に
到達したっぽい形跡があった。

考えるね…

フラフラなんじゃないのかい…

それでも、何日か前からは
床に後ろ足から下ろすとき
滑らなくなったなぁと思っていた。

どんどん動かなくなってヨロヨロ
してた時は、足が上手く付けなくて
滑らせていたのだけど。

少なくとも毎日10回近くはトイレに
起き上がり、寝返りもし、
少しの高さなら飛び乗ってたので
それがリハビリみたいになったのかな。

なにせ、シマ子の動きに
驚かされるばかり。

ずっとごはんを拒否る時以外は
声を出したりしなかったのだけど
ふぅんと鳴いたりする事がでてきた。

元々その鳴き方はするのだけど
少しトーンが違うのでまた違うのかな。

さっきも、リビングに連れて行ってたら
戻りたくなったのか、階段の前で
ふぅんと鳴いた。

恐らく上れない、と行ったのだろう。
抱えて階段を上がっても
特に嫌がる素振りはなかった。

ずっと避難場所にいたのだが
狭いとノビができないので
たまに引っ張り上げてベッドに
寝かせてみる。

今もリビングから戻った後は
ベッドで寝ている。

やはり夜になると活動が始まるので
できるだけ昼間も多少動いて貰って
夜も寝て貰おうという作戦中。

好きにさせてあげたいのは山々だが
全部というのもまた難しい。

ある程度は夜も好きにして貰って、
みんなが寝静まる時間には
ちゃんと寝て貰えるようにしたら
昨日は結構ちゃんと寝ていた。

ただ、夜中に何度もトイレに行くし
その度に吐いたりえずいたりが
あるので、私はそう眠れないけど。

昼間は全然吐かないのに
一体なんなんだろう。
胃が疲れているのか、
はたまた血中濃度の問題か。

やはり1日の食事の分だけ
毒素は増えるだろうから。

かと言って、それに合わせて
点滴ができるわけでもなく、
まして、そのタイミングになってても
同じように吐いてるわけで。

胃薬飲ませてみたいなぁ。
なんであんなに聞き入れて
貰えないのだろうか。

ずっとうんちでは100%吐いてたのが
何回かに1回はするっと出る時が
あって、その時は結構感動する。

良いうんちとかでもないけど
しっかり踏ん張れてるのかな。

歩いてる事で、お腹が空いてきたり
うんちも出やすくなればいいなぁ。

まぁ相変わらずごはんには
一切の興味がないのだけどね。
何よりも残念な話。

ホントにもう自分で食べる事を
止めてしまったのかな…

お水は飲もうとするからお腹が空けば
食べ始めたりする気もする…

だけどお腹を極限まで空かせて
あげられるほど猶予がない…
ちょっと減らしてもガクンと体重も
落ちてしまうし…

だから内容を変えたりしつつ
反応を見て、おいしいというか
反応が悪くないごはんを探してる
つもり。

腎臓の数値が高い以上、
強制をするのに一般食を
あげるのは少し躊躇するけど
やっぱり挑戦しないと変わらないの
かもしれないな。

そして抵抗の度合いが凄くて
本当に気持ちがやられてしまう。

シマ子自身も相当疲れるだろうし
それも気になる。

体勢とかも試行錯誤しつつ
やってるのだけどなぁ。

ドライの団子が最後なのだけど
その頃になったら抵抗が
尋常じゃなくなってしまう。

食べないわけではないけど
口を開けられるのを嫌がる。

昨日から俄か口をまた気にしていて
レーザーの効果もここまでか、と
思っているのだけど、
今朝は、顔がとても良くて、
病院に連れて行くのは憚られた。

ましてお天気も良い。
こんな日にわざわざ病院にねぇ…

サプリの効果も期待度が大き
過ぎたのかな。
一緒に飲んでるシマもなんか
違和感を感じている様に思う。

ただ、うんちはとてもよくなった。
そうゆう意味では飲んでても
いいのではないかと思う。

水に溶かしても、そのままでも
いけるので助かるし。

ただ、ネバネバのヨダレは出て
いないから、そこまで酷くは
なってないと思うのだけど…

実際外からとかくちびるの内に
指を入れて痛い所を探すけど
その時は全然反応ないし、
ごはんの後、口の周りを
きれいにするのに拭いてる時は
むしろなんの抵抗もしない。

もうすぐ食べるから待て!と
思ってるのかなぁ。

まぁ量が難しくて、多いのかも?と
思ってはいるけど。

元気になってきてる雰囲気だけど
消化する力とかは減って来てる
のだろうか。

硬めながらもうんちは出てるし
大丈夫な気もするけど
見えない所だけによくわからない。

まだ改善の余地はあると思うから
もう少し試行錯誤しよう。

自分で食べてくれるのなら
強制は止めていいと思ってる。
例え量が少なくても。

その時はシマ子に任せたいと
考えてはいる。

実際そうならないとわからないけど。
何故なら状況は色々あるから。

とても情けない顔になってしまって
こんなにかわいい顔だったのにと
少し前の写真を見て思うけど
今の顔も段々かわいく見えてきた。

というか、どんな顔でもシマ子は
かわいい。
そこはなんも変わらないのは
当たり前。

しかしなんで目が垂れるのだろか。
不思議。

これだけ頑張っているのだから
もうシマ子から何かを奪うのは
止めて欲しいとこの頃思う。

視力を奪い、気力、聴力まで
奪うのはひどすぎる。

まぁ、気力はここ3日くらいは
返した貰った感じはあるけど。

耳も全然聞こえないわけではない。
だけど、やっぱ老化みたいな
感じなのかなぁと思う。

まだ14歳なのに。
まだ老猫まではいかないよ。

一ヶ月でこれだけ老けさせて
しまって申し訳ない。

贅沢は言わないから、
シマ子がシマ子の意思で
ちゃんと生命を維持しながら
残りの猫生を全うできるように
どうかどうかお願いします。

ごはんのいやいやが少しは
おさまってくれますように。

明日も行きたい場所に行けますように。

ごはんのおいしさを知りますように。
思い出せますように。

口が痛いのがなくなりますように。

お水をスムーズに飲めますように。

シマ子がシマ子らしく生きる道を
サポートできますように。

まだあと1回ごはんがあるけど
お手柔らかに頼むよ、シマ子。

大分息が合って来た気もするけど
私がまだまだだから頑張るね。

昨日は一緒に寝てくれてありがとう。
少しゆっくり寝かせてくれてありがとう。

まだまだよろしくね。
シマ子。
いつでもいつまでもいつになっても
あいしているよ、シマ子。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット